無料(簿記2級問題)商品売買・サービス業・棚卸・手形・保証債務

2級 商業簿記
スポンサーリンク

問題1

売上原価対立法
・仕入時…商品の増加
・売上時…売上を計上すると同時に、費用に「売上原価」を計上し、商品をマイナスする
・決算時…仕訳なし

問題2

解説

仕入時に割引を受けた場合は「仕入割引」を使用

問題3

解説

売上時に割引を行った場合は「売上割引」を使用

問題4

解説

問題5

解説

(1)未だサービスを行っていない代金の受取は「前受金」で処理。
(2)未だサービスを行っていない代金の支払いは「仕掛品」で処理。
(3)前受金・仕掛品はサービスを行った割合で「役務収益」・「役務原価」で処理

問題6

解説

不渡手形に関する償還請求費用・利息は「不渡手形」の簿価に含める。

問題7

解説

固定資産等の営業外取引に手形を使用する場合は「営業外支払手形」、「営業外受取手形」を使用する。

問題8

解説

電子記録債権を売却した場合は「電子記録債権売却損」を使用

問題9

解説

手形の裏書・割引を行った場合、保証債務を設定する場合がある。
設定時⇒保証債務費用を計上
決済時⇒保証債務取崩益
債務者が決済を行わない場合⇒債務者に対する未収金を計上し、債務保証を取り崩す。
解答はここよりリンクからpdfでダウンロードできます。
タカ
タカ

復習は以下のページを参照してください。

【簿記2級】売上原価対立法、割引・割戻、商品評価損・棚卸減耗損
今回は一般商品売買の中でも2級の新範囲の「売上の計上時期」「売上原価対立法」「棚卸減耗」「商品評価損」を解説します。 今回の内容はどれも重要で特に棚卸減耗・商品評価損は総合問題で聞かれる可能性は非常に高い問題です。 ・売上の計上時期の4項目 ・売上原価対立法の仕訳 ・割引き、割戻し ・棚卸減耗、商品評価損
【簿記2級】新範囲「サービス業」の会計処理を理解しよう!
今回のメインの内容は「サービス業」会計処理について解説します。 現在日本社会はサービス業の割合が非常に多くなっております。 特にGDPに対して約7割も占める状況です。 実務に直結する内容ですので今回の内容はぜひともしっかり押さえましょう。
【簿記2級】「手形」・「電子記録債権債務」・「保証債務」を解説!
今回は「手形」・「電子記録債権債務」・「保証債務」を解説します。 どれも3級では扱わなかった細微な内容になります。 特に「債務保証」は初学者の方にとってはなかなか理解しにくい内容かと思います。 その場合はスッパリ切ってしまうのも1つの手かと思います。 この場合は他の内容をしっかり固めましょう。
無料(簿記2級独学問題)商品売買・サービス業・棚卸・手形・保証債務
タカ今回は復習を兼ねての練習問題です。ニャット必要な人はページの最下部からpdfをダウンロードできます。問題1以下の取引について売上原価対立法により仕訳をしなさい。(1)商品¥20,0...

コメント

タイトルとURLをコピーしました