【超実践編】銀行勘定調整表を解くための5つの手順!(おまけあり)

2級 商業簿記

前回は銀行勘定調整法の概要を説明しました。今回は銀行勘定調整表の具体的攻略法です。


攻略ポイントは5つの手順!


ポイントの5つの手順
①調整内容を銀行側か企業側かの判別。
②銀行側の修正内容から解答。
③企業側の修正内容(修正仕訳)。
④修正後残高の一致を確認。
⑤両者区分調整法から展開して企業残高基準法、銀行残高基準法を解答する。
タカ
タカ

今回のブログを読んでいただけると、銀行勘定調整法の解き方が理解していただけます。

スポンサーリンク

企業残高基準法


企業残高基準法とは企業の帳簿残高を基準(出発点)にして銀行の残高に一致させる方法です。


作成方法
企業残高を基準にして銀行残高にたどり着く方法です。具体的には以下の様に作成します。


計算方法
企業側調整項目はそのまま計算し、銀行側調整項目はプラス・マイナス逆に計算します。


銀行残高基準法


銀行残高基準法とは銀行残高を基準(出発点)にして企業残高に一致させる方法です。


作成方法
銀行残高を基準にして企業残高にたどり着く方法です。具体的には以下の様に作成します。



計算方法
銀行側調整項目はそのまま計算し、企業側調整項目はプラス・マイナス逆に計算します。


例題


例 当社の当座預金の帳簿残高は500円、銀行の残高証明書の残高は600円だったので、不一致の原因を調べてたところ、以下のことが判明した。

1、銀行の時間外入金が100円であった。(時間外入金)
2、得意先から受け入れられた小切手200円が未取立であった。(未取立取引)
3、買掛金の支払いのために振り出した小切手150円が未呈示であった。(未取付小切手)
4、売掛金200円の入金の連絡が当社に未達であった。(入金連絡未達)
5、売掛金の振込額150円を誤って200円と記入していた。(誤記入)
6、買掛金の支払いのために振り出した小切手100円が未渡であった。(未渡小切手)


修正項目の分類


銀行側の修正項目:1、2、3
企業側の修正項目:4、5、6


修正仕訳


1から3は銀行側の問題のため修正仕訳不要

4、(当座預金)200(売  上)200 【入金連絡未達】
5、(売  上) 50(当座預金) 50  【誤  記  入】
6、(当座預金)100(買 掛 金)100 【未 渡 小 切 手】


未渡小切手については小切手を振り出したにも関わらずにいまだ、渡していないため振り出した仕訳の逆仕訳を行う。


(1)両者区分調整表


(2)企業残高基準法

(3)銀行残高基準法

まとめ

銀行調整勘定表の5つの解答手順
①調整内容が銀行側なのか企業側なのか判別。

②銀行側から解くようにする。
銀行の調整については3つのみなので、解答しやすい。
(未取立小切手【加算】、未取付小切手【減算】、時間外入金【加算】)
③企業側を解答。(修正仕訳)
④調整後の銀行残高と企業残高が一致していることを確認。
⑤両者区分調整法から企業残高基準法、銀行残高基準法を解答する。
      両者区分調整表⇒企業残高基準法、銀行残高基準法
ニャット
ニャット

この手順に従って解けば、ばっちりだね

タカ
タカ

そうです!銀行勘定調整表は得点源にしたいですね。
ここで一問解いてみましょう。

挑戦問題

テスト・受験のイラスト「試験中の男子学生」


次の〔資料〕に基づき,当社が当期末の決算のために取引銀行より取り寄せた,決算日の 残高証明書における当座預金の金額として最も適切なものの番号を一つ選びなさい。
 〔資料〕
 1.当社では,決算に際して,当社の当座預金勘定残高と取引銀行が発行した残高証明書における当座預金の金額とに差異があった場合には,その差異の原因を調査し,当社の当座預金勘定を必要に応じて修正している。 

2.当期決算日の当社の当座預金勘定の残高は,3,021,380 円であったが,取引銀行が 発行した残高証明書における決算日の当座預金の金額は(?)円であった。

3.当期決算日の当社の当座預金勘定の残高と残高証明書の当座預金の金額の差異の原 因として,以下の点が判明した。

⑴ 機械購入代金支払のため当社が振り出した小切手 1,035,000 円が,当社に保管さ れたままであった。

⑵ 備品購入代金支払のため当社は小切手 274,600 円を振り出し,決済も完了した旨 の連絡を銀行から受け取っていたが,当社の当座預金勘定への記入が 247,600 円で なされていた。

⑶ 買掛金支払のため当社が仕入先に小切手 706,600 円を振り出したが,仕入先は当該小切手の銀行への持込みを行っていなかった。 

⑷ 決算日の銀行営業時間終了後,夜間金庫に当座預金として預け入れた現金 645,000 円の銀行側での処理が,決算日翌日の入金となっていた。

⑸ 決算日の前日に顧客より掛代金 43,500 円の当座預金への振込があったが,銀行 からのこの旨の連絡が届いていなかった。 

⑹ 決算日の前日に得意先から販売代金として受け取った得意先振出の小切手 372,500 円を取引銀行に持ち込んだ会計処理を行ったが,担当者が当該小切手の銀 行への持込みを失念していた。

      1、2,994,380 円  2、3,021,380 円  3、3,761,980円 
      4、3,815,980 円  5、4,072,880 円  6、4,363,480円  

解説


修正項目の分類


企業側の修正項目:(1)、(2)、(5)、(6)
銀行側の修正項目:(3),(4)


企業側の修正仕訳


(1) (当座預金)1,035,000 (未払金等)1,035,000【未渡小切手】
(2) (備  品)27,000   (当座預金)27,000   【誤記入】
(5) (当座預金)43,500   (売  掛  金)43,500  【入金連絡未達】
(6) (売  掛  金)37,200   (当座預金)37,200  【誤記入】


銀行側の修正項目


(3):未取付小切手(減算項目)
(4):時間外入金(加算項目)

よって以下の様にまとめられる

これを逆算して企業側の残高を求めると、¥3,761,980になり答えは、③になります。

ニャット
ニャット

やってることはわかるけどなんか分かりにくいね

タカ
タカ

そうですね。問題文に慣れていないと難しいですね。
ちなみにこの問題は平成30年の公認会計士の短答式試験です。

ニャット
ニャット

なるほど、だから難しいわけか…

タカ
タカ

難しいのは表現だけで、今まで説明した内容というのは理解していただけましたか?
この問題がとければ、銀行勘定調整表の理解はばっちりです。

ニャット
ニャット

そりゃそうだ。

出典:公認会計士・監査審査会ウェブサイト
https://www.fsa.go.jp/cpaaob/kouninkaikeishi-shiken/tantou_mondai30a/04.pdf
タカ
タカ

上記の問題・解説のpdfを用意しました。
必要な方はここからダウンロードしてください。

ニャット
ニャット

おまっけってこれ?

タカ
タカ

そうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました