【試験直前】帳簿・伝票チェック一覧

簿記3級
タカ
タカ

前回は試験直前にチェックすべき仕訳を紹介しました。
今回は帳簿・伝票を紹介します。

ニャット
ニャット

試験前の頭の整理に使ってね

スポンサーリンク

帳簿の種類

以下の[資料]にもとづいて、取引がどの補助簿に記入されるか。

[資料] 

  5日 東京商会に対する前期販売分の売掛金¥150,000が貸倒れた。なお貸倒引当金の残高は¥100,000である。

10日 大阪商店に対し商品¥200,000を売上げ、代金のうち¥50,000は注文時に受け取った手付金を相殺し、残額は掛けとした。なお。同社負担の発送費¥10,000については 当社が現金で立て替えた。

15日 福岡株式会社から先月仕入れた商品¥120,000について返品し、掛代金から差し引いた。

20日 PC1台あたり¥50,000で10台購入し、代金は当座預金から支払った。なお、設置費用¥123,000は現金で支払った。

解答

解説

  5日: (借方)貸倒引当金100,000 / (借方)売 掛 金150,000
           貸 倒 損  失 15,000      (売掛金元帳)

10日:   (借方)前 受 金  50,000 / (借方)売   上200,000
        売 掛 金150,000                       (売上帳)(商品有高帳)
                            (売掛金元帳)
                          立 替 金  10,000                         現   金10,000
                       (現金出納帳)

15日:  (借方)買 掛 金 120,000 / (借方)仕   入120,000
       (買掛金元帳)         (仕入帳)(商品有高帳)

20日: (借方) 備   品 623,000 / (借方)当 座 預 金500,000
       (固定資産台帳)       (当座預金出納帳)
                                                                                     現     金123,000
                       (現金出納帳)

タカ
タカ

商品有高帳については科目として出てこないため、商品売買については気を付ける必要があります。

仕訳帳の記帳

例 次の取引の仕訳を仕訳帳に記入し、売上勘定へ転記しなさい。なお、元帳欄は記入しなくてよい。

(取引)商品¥700,000を販売し、代金の¥300,000は現金で受取、残額は掛けとした。

解説

    仕訳                                
          (現 金)300,000(売上)700,000
                                    (売掛金)400,000

タカ
タカ

仕訳帳に記帳する際(売上)の相手科目は(諸口)を記帳し、下の段に現金、売掛金を記入

手形記入帳

例 以下の受取手形記入帳・支払手形記入帳に記載された取引の仕訳を記入しなさい。

(仕訳がない場合は借方欄に「仕訳なし」と記入せよ。)

・手形の決済についてはすべて当座預金で行うとする。
・手形番号20については7月31日入金予定である。
・手形番号25については7月31日支払い予定である。

解答

解説

5/10 手形の種類:約束手形、摘要:売上対価

5/15 手形の種類:約束手形、摘要:仕入対価

5/31 てん末が支払いなので、支払手形の支払いが行われた

6/10 手形の種類:約束手形、摘要:仕入対価

6/30 てん末が入金なので、受取手形の入金が行われた

7/20 手形の種類:約束手形、摘要:売上対価

7/31 入金予定・支払い予定であったとしても、てん末欄は空欄のなので仕訳なし

ポイント

てん末欄について
手形の消滅原因

             消 滅 原 因
受取手形・入金→当座預金等への入金・裏書→裏書譲渡での消滅・割引→銀行で割引
支払手形・支払→当座預金での決済

小口現金出納帳

例 以下の取引について小口現金出納帳に記入せよ。但し①月初補給として、②月末補給として記帳すること。

  1日 小口現金受入 5,000円
10日 文房具代   1,000円
15日 電車代    1,500円
20日 切手代       700円
30日 小口現金補給 

①月初補給

「次月繰越」欄に小口現金の未使用残高額を「支払欄」に記載
・未使用残高額を「前月繰越」の受入額に記載
・前月使用額を「本日補給」の受入欄に記入

月末補給

・本日補給欄に当月使用額を「受入欄」に記載
・「次月繰越額」については小口現金受入額を記入
・「前月繰越額」は小口現金受入額を記入

タカ
タカ

小口現金出納帳は「月初補給」「月末補給」の両方の記帳の仕方をマスターしましょう。

伝票

取引を擬制する伝票処理のまとめ

例 以下の各問題の2枚の伝票は1つの取引について作成されたものである。これらの伝票から取引を推定して仕訳を示しなさい。

(1)

(2)

解説

(1)
振替伝票:(借方)仕 入30,000 /(貸方)買掛金 30,000
出金伝票:(借方)買掛金10,000 /(貸方)現 金 10,000
                ↓
相  殺:(借方)仕 入30,000 /(貸方)買掛金 20,000
                     現 金 10,000

(2)

入金伝票:(借方)現 金  5,000   /(貸方)売 上 5,000
振替伝票:(借方)売掛金50,000   /(貸方)売 上  50,000
                 
相  殺:(借方)売掛金50,000   /(貸方)売 上  55,000
                                現 金  5,000

タカ
タカ

相殺消去を忘れずに!

伝票取引の転記の注意ポイント

タカ
タカ

今回のまとめのpdfはここからダウンロードできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました