【簿記2級無料問題】銀行残高調整表・固定資産がしっかり解ける

商業簿記(問題)

今回の内容は

・銀行勘定調整表
・固定資産の分割購入、定率法、生産高比例法
・建設仮勘定
・火災損失・保険差益
固定資産は頻出の内容ですのでしっかり復習しましょう。
スポンサーリンク

問題1

以下の資料にもとづき、企業残高基準法、銀行残高基準法による銀行勘定調整法を完成させなさい

【資料】

当社のの銀行残高は¥2,000であり、銀行残高証明書の残高は¥2,300であった。なお、差異の原因を調べたところ、以下のことが判明した。

(1)現金¥900を当座預金に預け入れたが、銀行では翌日入金としていた。

(2)消耗品150円を購入し小切手を振り出したときに、誤って、以下の仕訳を行った。

(当座預金)  150  (消耗品)   150

(3)仕入先に対する買掛金¥500の支払いのために作成した小切手が未渡しであった。

(4)買掛金の支払いのために振り出した小切手¥400が未呈示であった。

解答用紙

問題2

以下の取引について仕訳しなさい。

(1)当社は備品¥30,000を5ヵ月の分割払い(月々の支払額は¥6,200)の契約で購入した。なお、利息分については前払利息で処理する。

(2)(1)で購入した備品の代金について、第1回目の割賦金の支払日が到来したので、当座預金口座から¥3,200を支払った。なお、利息の処理は支払日に定額法で費用計上する方法とする。

解答用紙

問題3

以下の取引について仕訳しなさい。ただし、減価償却方法は定率法(償却率:年25%)によって間接法により記帳すること。

(1)×1年4月  1日 備品98,000を購入し、代金は据付費¥2,000とともに現金で支払った。

(2)×2年3月31日 決算につき、減価償却を行う。

(3)×3年3月31日 決算につき、減価償却を行う。

解答用紙

問題4

以下の資料より当期(×2年3月31日)の減価償却額を求めよ。

【資料】

建物 取得原価¥600,000※ 期首減価償却累計額:¥250,000 
   償却方法:定額法( 対応年数50年) 残存価額:ゼロ

備品 取得原価¥200,000  期首減価償却累計額:¥50,000 
   償却方法:200%定率法(対応年数5年)

車両 取得原価¥500,000  期首減価償却累計額:¥250,000
   償却方法:生産高比例法 残存価額:取得価額の10%  
   (見積可能走行距離:100,000km、当期走行距離:20,000km)  

※建物のうち、¥100,000は×1年10月1日に購入した。

解答用紙

減価償却額  ¥   

問題5

以下の取引について仕訳しなさい。

(1)×3年4月1日 旧車両(取得価額¥600,000、減価償却累計額¥300,000、間接法で記帳)をしたどっりに出し、新車両¥800,000を購入した。なお、旧車両の下取価額は¥250,000であり、新車両の購入価額との差額は現金で支払った。

(2)×5年7月31日 旧車両(取得価額¥500,000、期首減価償却累計額¥300,000、間接法で記帳)を下取りに出し、新車両¥700,000を購入した。旧車両の下取価額は¥200,000であり、新車両の購入価額との差額は現金で支払った。なお、この車両は定額法(償却率:年30%)で償却している。

解答用紙

問題6

以下の取引について仕訳しなさい。

(1)当期首におきて備品(取得原価¥150,000、減価償却累計額¥80,000、間接法で記帳)を除去した。なお、この備品の処分価値は¥50,000と見積もられた。

(2)×4年度4月1日に¥150,000で購入した備品を×6年度3月31日に除去し、処分するまで倉庫に保管することにした。なお、備品の処分価格は¥30,000と見積もられた。なお、備品は定額法(残存価額:ゼロ、対応年数:5年)により償却され、間接法で記帳している。

会計期間は4月1日から3月31日までとする。

解答用紙

問題7

以下の取引について仕訳しなさい。(仕訳が不要な場合は借方欄に「仕訳なし」と記帳すること。)

(1)当社は事務所を新築するにあたり、建設会社と契約を結んだ。その際工事請負価額¥600,000の一部¥200,000を手付金として小切手を振り出て支払った。

(2)(1)の倉庫が完成し、建設会社から引き渡しを受けた。なお、工事請負価額と手付金の差額は翌月末に支払うとした。

(3)(1)の倉庫は未完成のまま決算を迎えた。

解答用紙

問題8

以下の取引について仕訳しなさい。

建物について修繕と改良をおこなった。代金¥150,000を現金で支払った。なお、このうち、¥50,000については資本的支出と認められた。

解答用紙

問題9

(1)当期首に火災が発生し、建物(取得価額¥1,000,000、減価償却累計額¥600,000、間接法で記帳)が焼失した。なお、この建物には火災保険¥500,000が付してあるため、保険会社に連絡した。

(2)上記(1)について保険会社より¥500,000支払う旨の連絡をうけた。

(3)本日、火災により焼失した倉庫(取得原価¥750,000、残存価額ゼロ、対応年数15年、間接法により記帳)について請求していた保険金¥100,000を支払う旨を連絡を保険会社からうけた。なお、当該建物は期首から12年前に取得したものであり、当期首に発生した火災に焼失したさい、期首時点の帳簿価額を未決算勘定に振り替えた。

解答用紙


タカ
タカ

PDFが必要な方はこちらからダウンロードできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました