【簿記2級無料問題】(解答編)銀行残高調整表・固定資産

商業簿記(問題)
スポンサーリンク

問題1

解答

解説

修正項目分類

・銀行側 (1)【後日入金】、(4)【未取付小切手】
・企業側 (2)【誤仕訳】、(3)【未渡小切手】


修正仕訳

(2) 誤仕訳(当座預金)   150  (消 耗 品)  150
   相 殺(消 耗 品)   150       (当座預金)  150 
   正仕訳(消 耗 品)   150  (当座預金)  150

よって

  修正仕訳(消耗品)   300  (当座預金)  300

(3) (当座預金)     500  (買掛金)   500


③両者区分法⇒④企業残高基準法、銀行残高基準法で解いてください。
 

問題で聞かれているのは企業残高基準法、銀行残高基準法であるが、両者区分法を最初に作ってそれぞれに展開する。

問題2

解答

解説

①購入時には未だ利息を支払っていないため「前払利息」で処理します。

 支払総額:¥6,200×5回=31,000
 前払利息:31,000ー30,000=1,000

②支払日に利息を定額法で処理するため、「前払利息」を取り崩し、支払利息を計上する。

 1,000÷5回=200(支払利息)

問題3

解答

解説

①取得価額=購入代価+付随費用
 98,000+2,000=100,000

②100,000×0.25=25,000

③(100,000ー25,000)×0.25=18,750 または
 100,000×(1-0.25)×0.25=18,750

問題4

解答

減価償却額 ¥161,000

解説

建物
旧:(600,000ー100,000)÷50=10,000
新:100,000÷50×6ヵ月/12ヶ月=1,000

備品
償却率:1÷5年×200%=0.4
償却費:(200,000ー50,000)×0.4=60,000

車両
500,000×(1-0.9)×20,000/100,000=90,000

合計:10,000+1,000+60,000+90,000=161,000

問題5

解答

解説

(1)

①売却
(減価償却累計額)300,000 (車    両)600,000
(現     金)250,000
(固定資産売却損)50,000

②購入
(車両)800,000(現金)800,000

③相殺

(減価償却累計額)300,000(車    両)600,000
(車     両)800,000(現    金)550,000
(固定資産売却損)50,000

※車両の額は相殺しないこと。

(2)

①売却

(減価償却累計額)300,000(車両)500,000
(減価償却費)20,000※ (固定資産売却益)20,000
(現金)200,000

※(500,000ー300,000)×30%×4ヵ月/12ヶ月=20,000

②購入

(車両)700,000(現金)700,000

③相殺

(減価償却累計額)300,000 (車     両)500,000
(減価償却費)   20,000 (固定資産売却益) 20,000
(車     両)700,000 (現     金)500,000

問題6

解答

解説 

処分価値のある資産は「貯蔵品」で処理

・減価償却累計額
×4年度から×6年度の2年間
150,000÷5年×2年=60,000

・減価償却費
150,000÷5年=30,000

・固定資産売却損
差額

問題7

解答

解説

建設仮勘定は減価償却を行わない。

問題8

解答

解説

資本支出は固定資産の帳簿価額に加算する。

問題9

解答

解説

①保険金の額が決定するまでは固定資産の帳簿価額を「火災未決算」で処理する。

②保険金の額が決定した段階で「火災未決算」を「未収金」に振り替える

③保険金の額を超えた未決算の額は「火災損失」で処理。

タカ
タカ

解説のpdfはこちらからダウンロードしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました