【計算力がモノをいう!?】(簿記2級)工業簿記・部門別計算

2級 工業簿記(まとめ)

これまで材料費の計算をしてきました。今回からは次の工程の部門別計算を解説していきます。


タカ
タカ

部門別計算は計算量が多くて煩雑ですので、工業簿記の中でもメンドクサイ内容ですね。

ニャット
ニャット

そうなの?つらいなぁ…

タカ
タカ

ただ、難しい内容ではないので、気負わないでください。


ポイント
計算の流れをしっかり把握する
部門個別費部門共通費との区別
・補助部門費の計算方法をしっかり確認する


今回のブログを最後まで読んでいただけると後の製品別計算に続く部門別計算をしっかり理解できます。


スポンサーリンク

部門別計算

下請けのイラスト



部門別原価計算は前工程で識別された製造間接費を原価部門別に分類集計する手続きです。


部門別計算の目的


そろばんを使っている男の子のイラストです。


部門別原価計算の目的は正確な原価計算の算定!


 製造間接費は製品と直接的な因果関係を持たないために、いったん部門別に集計し因果関係のある基準でもって、より正確な製品原価を算定することが出る。


部門製造部門補助部門に分類集計を行います。


①製造部門
製造部門は直接作業の行われる部門をいいます。
(例:材料切断部門、部品組立部門、製品塗装部門等)


②補助部門
製造部門は直接作業の行われない製造部門をサポートする部門をいいます。
(例:運搬部門、修繕部門、事務部門等)


部門別計算の流れ


工場のベルトコンベアのイラスト


1、各部門への集計


部門別計算は前工程で識別された製造間接費を部門において直接的に認識されるかによって、部門個別費部門共通費に分類できる。


①部門個別費
どの部門において発生したことが直接認められる原価
部門個別費はどの部門で発生したことが明らかなため各部門に賦課(直課)します。

賦課…そのまま原価を振り替えること。


②部門共通費
どの部門において発生したことが直接認められない原価
部門個別費はどの部門で発生したことが明らかでないため適切な基準で各部門に配賦します。

配賦…一定の基準で原価を振り替えること。



例 以下の資料にもとづき製造間接費部門別配賦表を完成させなさい。なお、建物減価償却費は専有面積によって、電力量は電力消費量によって各部門に配賦する。

【資料】
(1)個別部門費
第1製造部門:2,000円、第2製造部門:1,800円、修繕部門:1,500円、
工場事務部門:1,000円
(2)部門共通費
建物原価償却費:10,000円、電力量8,000円
(3)部門共通費の配賦基準


解答

建物減価償却費 第1製造部門:10,000×300/1,000=3,000
         第2製造部門:10,000×300/1,000=3,000
         修   繕  部  門:10,000×200/1,000=2,000
         工場事務部門:10,000×200/1,000=2,000

電  力  量 第1製造部門:8,000×120/250=3,840
         第2製造部門:8,000×80/250=2,560
         修   繕  部  門:8,000×30/250=960
         工場事務部門:8,000×20/250=640


2、補助部門費を各製造部門へ配賦


製造間接費を各部門に集計し直したら補助部門に集計された製造間接費を各製造部門に配賦します。


配賦方法としては直接配賦法相互配賦法2通りがあります。


直接配賦法


直接配賦法は補助部門間のサービスのやり取りを無視して、補助部門費を製造部門にのみ配賦する方法です。


相互配賦法


直接配賦法は補助部門間のサービスのやり取りを考慮して、補助部門費を製造部門と補助部門に配賦する方法です。


計算を2段階にわけ第1次配賦では補助部門費を製造部門と他の補助部門に配賦し、第2次配賦では第1次配賦で他の補助部門から配賦された補助部門費のみを製造部門に配賦する方法をいいます。


ポイント
第1次配賦補助部門費⇒製造部門+自部門以外の補助部門
第2次配賦…補助部門の第1次配賦額⇒製造部門


相互配賦法のイメージ


3、製造部門費を製品へ配賦


各製造部門に配賦された製造部門費適切な配賦基準を用いて製品へ配賦。


この時、製品の作成を指示する製造指図書に従って製品に配賦配賦を行います。



製造部門の予定配賦

シフトを決める店長のイラスト(女性)


上記では実際に発生した額を製造部門費を製造指図書に配賦しましたが、製造部門費を予定配賦することが認められています。


計算方法

製造部門費を予定配賦をするときは、年間の製造部門費の予算額年間の予定配賦基準値(基準操業度といいます。)で割ることで求まる部門別予定配賦率で計算を行います。


部門別予定配賦率=年間の製造部門予算額 / 基準操業度
予 定 配 賦 額=部門別予定配賦率×実際配賦基準値


月末の処理


予定配賦率を用いて計算を行うと、実際発生額とのあいだに差異が発生します。その差異を製造部門費から製造部門費配賦差異勘定に振り替えます。


補助部門費の各製造部門へ具体的な配賦方法
製造部門の予定配賦
月末の処理
タカ
タカ

これらは次回詳しく見てみましょう。

まとめ


部門別計算の流れ


製造部門と補助部門
製造部門直接作業を行う部門・補助部門直接作業を行わない部門
部門個別費と部門共通費
部門個別費はどの部門において発生したことが直接認められる原価
部門共通費はどの部門において発生したことが直接認められない原価
補助部門費の配賦方法
直接配賦法補助部門間のサービスのやり取りを無視して、補助部門費を製造部門にのみ配賦する方法
相互配賦法補助部門間のサービスのやり取りを考慮して、補助部門費を製造部門と補助部門に配賦する方法

※相互配賦法…計算を2段階にわけ第1次配賦では補助部門費を製造部門と他の補助部門に配賦し、第2次配賦では第1次配賦で他の補助部門から配賦された補助部門費のみを製造部門に配賦する方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました