【簿記2級・工業簿記】配賦方法がポイント!組別総合原価計算

2級 工業簿記(まとめ)

今回は組別原価計算の解説をします。


ニャット
ニャット

新しい計算方法が続くね。

タカ
タカ

このあたりは原価計算の中心的な分野ですから。
点数をとれるようにしっかり理解しましょう。


組別原価計算を学習する際のポイント
当月投入費用の配賦方法をしっかり確認することです。


タカ
タカ

当月投入費用の配賦方法を間違ってしますと、正解には絶対にたどり着けません。気を付けましょう。


スポンサーリンク

組別総合原価計算


組別総合原価計算とは同一行程においてい異種の製品を連続的に大量生産する場合に摘要される原価計算のことを言います。


原価計算上、製品の種類のことを「組」といいます。


例えば、椅子と棚を作っている工場があるとします。


椅子と棚は別の種類の製品ですが、同じ工場で、同じ木材から、同じ作業員が作成している場合に全く別の原価計算を行うには手間がかかります。


この場合には組別原価計算を使用して計算します。



組別原価計算の計算方法


組別原価計算では組製品(上の例では椅子と棚)ごとに原価を集計して計算します。


各組製品の製造原価は、各組製品ごとに直接把握できるかどうかにより組直接費・組間接費に分類されます。


 組直接費は直接材料費・直接労務費・直接経費があり、各組製品に個別に集計します。


 組間接費は製造間接費があり、一定の基準によって各組製品に配賦します。



例 当社は異種製品A・Bを単一工程で生産をしている。以下の資料をもとに各製品の月末仕掛品原価、完成品原価を算定しなさい。

1.生産データ

2.原価データ

3.その他のデータ

①原料はすべて始点で投入されている。

 直接作業時間の内訳は、A製品5,000時間、B製品が4,000時間であり、製造間接費各製品の配賦は直接作業時間を基準に配賦する。

②月末仕掛品の評価は、先入先出法による。


解答

解説

①材料費・加工費の計算

材 料 費:各組の各製品に直課
直接労務費:各組の各製品に直課
組間接費:直接作業時間を基準にして各製品に配賦


A製品への配賦
900,000×5,000時間÷(5,000時間+4,000時間)=500,000


B製品への配賦
900,000×4,000時間÷(5,000時間+4,000時間)=400,000


このデータをもとに各製品の原価計算を行う。



②加工進捗度

A仕掛品
月初:1,000×50%=500
月末:2,000×80%=1,600
当月投入:4,000+1,600-500=5,100

B仕掛品
月初:1,000×60%=600
月末:500×40%=200
当月投入:4,500+200-600=4,100

当月投入組間接費
A仕掛品:500,000(直接労務費)+520,000(組間接費)=1,020,000
B仕掛品:420,000(直接労務費)+400,000(組間接費)=820,000


月末仕掛品原価

A仕掛品
材料費:600,000×2,000÷5,000=240,000
加工費:1,020,000×1,600÷5,100=320,000
合 計:240,000+320,000=560,000


B仕掛品
材料費:700,000×500÷4,000=87,500
加工費:820,000×200÷4,100=40,000
合 計:87,500+40,000=127,500


完成品原価

A仕掛品
①差額
材料費:100,000+600,000-240,000=460,000
加工費:140,000+1,020,000-320,000=840,000
合 計:460,000+840,000=1,300,000


②直接計算
材料費:100,000+(600,000×{4,000-1,000}÷5,000)=460,000
加工費:140,000+(1,020,000×{4,000-500}÷5,100)=840,000
合 計:460,000+840,000=1,300,000


B仕掛品

①差額
材料費:200,000+700,000-87,500=812,500
加工費:207,500+820,000-40,000=987,500
合 計:812,500+987,500=1,800,000


②直接計算
材料費:200,000+(700,000×{4,500-1,000}÷4,000)=812,500
加工費:207,500+(820,000×{4,500-600}÷4,100)=987,500
合 計:812,500+987,500=1,800,000


まとめ

材 料 費:各組の各製品に直課
直接労務費:各組の各製品に直課
組間接費 :一定の基準によって各製品に配賦


ニャット
ニャット

組間接費を配賦できたら、あとは普通の総合原価計算だね。

タカ
タカ

そうですね。
組間接費配賦の計算には細心の注意を払ってください。
ここを間違うと正解には絶対たどり着けません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました