【簿記2級】財務諸表上での科目の表示方法を理解しよう!

商業簿記(解説)

いままで仕訳の内容について解説してきました。


今回からは「財務諸表での表示」を解説します。


計算の内容が正しくても、表示の方法が間違っていたら正解できません。


今回の内容で科目表示方法について整理しましょう。


今回の内容

・精算表(商品評価損・棚卸減耗損)
・損益計算表の仕組み
・損益計算書の表示(商品評価損・棚卸減耗、貸倒引当金、返品調整引当金・売上割戻引当金


スポンサーリンク

決算整理

服の整理のイラスト(子供)


決算整理自体は3級でも取り扱いました。

決算整理仕訳の幕開け(現金過不足の処理,当座借越の処理,貯蔵品,貸倒損失・貸倒引当金)
タカ今回から本格的に決算整理に入りたいと思います。今回解説する内容は以下の通り。ニャット多くね?タカ残念ながらそれだけやるべきことが多いということです。決算整理を頑張って乗り切れば3級の内容は...
【簿記3級】減価償却をスッキリ理解して点数を稼ごう!
減価償却は簿記3級では総合問題では必ず出題されます。そして、ここは必ず点数を取らなければならない範囲です。 その理由は計算方法はきまっており、取引も他の範囲期に比べて単純だからです。 今回のブログの内容でしっかり理解して点数につなげましょう。 ポイント ・減価償却の3要素 ・計算方法(期中取得・売却) ・月次決算
【簿記3級】総合問題の最重要項目・「売上原価」について徹底解説!+消費税の処理方法
「売上減価」の算定については減価償却同様決算の中心的な処理の1つです。 今回はかなり丁寧に解説しています。 複数回読んでいただければしっかり理解できるとおもいます。 ポイント ・売上原価の仕訳の理解 ・消費税の処理
【簿記3級】失敗しないための未収・未払いなど
今回は決算における実務色の強い内容です。 決算の具体的な流れをお話したほうが皆さんの理解が進むと思われます。 株式会社は会社法上、決算日から3か月以内に株主総会を行わなければならないことが定められています。 経理の決算業務についても逆算してスケジューリングされます。 この場合に期間を挟む場合の伝票処理についてです。


2級で行う決算仕訳は以下の内容です。

①現金項目(銀行勘定調整表)
②売上原価の算定(棚卸減耗と商品評価損の算定)
③有価証券の評価替え
④引当金の設定
⑤有形固定資産減価償却
⑥無形固定資産の償却
⑦費用・収益の見越し繰延


精算表の記入方法

クリップボードに書き込む人のイラスト(女性)


基本的には3級と同じです。

【3級の総合問題では必須の内容です!】試算表・掛け明細書・精算表
今まで仕訳・帳簿を解説してきましたが、今回からはいよいよ決算に関する解説をしていきたいと思います。 これまでは上記の流れでは日常業務に関して解説してきました。 今回からは決算業務に関する解説です。 試算表、精算表は総合問題で毎回といっていいほど出る内容です。 ①取引の仕訳を書き出す。 ②T字勘定に集計 ③試算表に集計


以下の点に気を付けましょう

①棚卸減耗と商品評価損の記入方法(売上原価に含める方法)


例 期末商品の状況は以下のとおりである。なお、売上原価は仕入勘定で算定し、棚卸減耗損と商品評価損は売上原価に含める。
・期首棚卸高   0円
・期末棚卸高 100円  ・棚卸減耗損 20円 ・商品評価損 10円

仕訳

 (繰 越  商 品)100 (仕   入)100
 (棚卸減耗損)  20 (繰 越 商 品 )  20
 (仕   入)  20 (棚卸減耗損)  20 ※棚卸減耗を仕入に振り替えます
 (商品評価損)  10 (繰 越 商 品)  10 
 (仕   入)  10 (商品評価損)  10 ※商品評価損を仕入に振り替えます


棚卸減耗損商品評価損売上原価に含めるため「仕入」勘定に振り替える。



②棚卸減耗と商品評価損の記入方法(売上原価に含めない方法)


例 期末商品の状況は以下のとおりである。なお、売上原価は仕入勘定で算定する。ただし棚卸減耗損と商品評価損は独立の科目として表示する。
・期首棚卸高   0円
・期末棚卸高 100円  ・棚卸減耗損 20円 ・商品評価損 10円


仕訳

 (繰 越  商 品)100 (仕   入)100
 (棚卸減耗損)  20 (繰 越 商 品 )  20
 (商品評価損)  10 (繰 越 商 品)  10



どちらの方法で処理すべきかは問題文に指示が付きます。

売上原価に含めて処理する⇒①
商品評価損は独立の科目として表示する⇒②


タカ
タカ

これらは精算表や財務諸表の科目から判断する場合もあります。


財務諸表の作成

美術スタッフのイラスト(テレビ)


①損益計算書の作成

損益計算書(PL)には報告式区分法があります。3級では区分法が出題されましたが、2級では報告式が主に出題されます。


報告式のPLは以下の通りです。


計算方法

①売上

②売上原価

期首棚卸高+当期商品仕入高=合計
合計ー期末棚卸高=売上原価

①-②=③売上総利益

④販売費及び一般管理費(販管費)…商品の販売に必要とした費用です。

(並びは順不同です)具体例:給料、貸倒引当金、減価償却費、消耗品費、広告費等

③-④=営業利益 

営業外収益費用には金銭の貸付・借入、有価証券売買等の商品の売買以外から生じた費用や収益をいいます。

⑤営業外収益…受取利息、有価証券評価益(為替差損益の貸方残高)
⑥営業外費用…支払利息、有価証券評価損(為替差損益の借方残高)

営業利益+⑤ー⑥=経常利益

特別利益特別損失通常生じない、重要性の大きい利益や損失をいいます。

⑦特別利益…固定資産売却益・保険差益等
⑧特別損失…固定資産売却損・火災損失等

経常利益+⑦ー⑧=税引前当期純利益

税引前当期純利益ー法人税等=当期純利益

商品評価損と棚卸減耗損の表示について


商品評価損は売上原価に含めて表示しますが、棚卸減耗損は売上原価または販管費に含めて表示します。



貸倒引当金繰入の表示


売掛金や受取手形に掛る営業債権の貸倒引当金繰入販管費に表示し、貸付金び掛る営業外債権の貸倒引当金繰入営業外費用に表示します。



売上割戻引当金と返品調整引当金


売上割戻引当金売上高からマイナス表示し、返品調整引当金上総利益のマイナス項目として表示します。



まとめ

精算表棚卸減耗と商品評価損の記入方法

①売上原価に含めて処理する
②商品評価損は独立の科目として表示する

財務諸表の作成

販売費及び一般管理費(販管費)商品の販売に必要とした費用
営業外収益費用商品の売買以外から生じた費用や収益
特別利益特別損失通常生じない、重要性の大きい利益や損失

商品評価損と棚卸減耗損の表示について

商品評価損…売上原価に表示
棚卸減耗損売上原価or販売費および一般管理費に表示

貸倒引当金繰入の表示

営業債権に掛る貸倒引当金繰入販管費
営業外債権に掛る貸倒引当金繰入営業外費用

売上割戻引当金と返品調整引当金

売上割戻引当金売上高からマイナス表示
返品調整引当金売上総利益のマイナス項目

コメント

タイトルとURLをコピーしました