【簿記2級】解答編(株式の発行・利益処分・税金・財務諸表の表示)

スポンサーリンク

問題1


回答

※1 発行可能株式総数を10,000株×1/10×@50円=50,000

※2 3,000株×120円=360,000
   申し込み期日より前の払い込みは「申込証拠金」で処理


問題2


回答

※1 利益準備金 2,000×1/10=200
   配当時は資本金の4分の1まで配当の10分の1の額の準備金を積み立てる。
   本問は資本金・準備金に関する記述が問題にないため考慮不要。


問題3


※1 諸資産…時価を使う(A社の諸資産の時価を使わないように注意)
   諸負債…時価を使う(本問ではBSの数字のまま)
   資本金…650株×100円×1/2=32,500
   のれん…差額


タカ
タカ

以下の様に株式発行額を一旦(払込資産)等で受け、この(払込資産)を(資本金)(資本準備金)に振り替えるという仕訳を2段階にして考えると分かりやすいです。

        仕訳①(諸資産)104,000(諸負債) 51,000
           (のれん)12,000  (払込資産)65,000


        仕訳②(払込資産)65,000(資 本 金)32,500
                    (資本準備金)32,500


問題4



※1 税込方式の場合、仮受消費税と仮払消費税の差額を未払消費税として処理し、相手勘定を「租税公課」として処理する。


問題5




商品の解説

期末商品棚卸高
A商品:帳簿300個×原価@100=30,000
B商品:帳簿150個×原価@300=45,000
合 計:30,000+45,000=75,000

注意
A商品の時価は帳簿価額より上昇しているため考慮しない商品評価益は存在しない
商品Aの帳簿棚卸高と帳簿棚卸高の差異は異常なものであるため「特別損失」に計上する。


問題6


解説

勘定科目の下の欄に記載する

1、新株発行(当座預金取引と仮定)
      (当座預金)4,000 (資 本 金)2,000 ー新株の発行ー
               (資本準備金)2,000ー新株の発行ー

2、圧縮積立金の積み立て

(繰越利益剰余金)4,000ー圧縮積立金の積立ー(圧縮積立金)4,000ー圧縮積立金の積立ー

3、当期純利益の計上

(損益)9,000(繰越利益剰余金)9,000ー当期純利益ー


ニャット
ニャット

PDFが必要な方はこちらからダウンロードしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました