【簿記2級】「工業簿記・総合原価計算」練習問題【無料!】

2級 工業簿記

いままで、様々な総合原価計算について解説してきした。

今回は総合原価計算の問題について練習しましょう。

タカ
タカ

総合原価計算は2級の工業簿記の中でもよく出される範囲です。
様々な出題パターンになれましょう。

スポンサーリンク

問題1

以下の資料にもとづいて各月の月末仕掛品・完成品原価を答えなさい。

<資料>

1.生産データ

2.原価データ

3.原価配分方法は先入先出法とする

解答用紙

問題2

当社は、工程別単純総合原価計算を行っている。以下の資料にもとづいて各工程の月末仕掛品・完成品原価を答えなさい。

<資料>

1.生産データ(単位:個)

2.原価データ(単位:円)

3.月末仕掛品評価方法は先入先出法による。

解答用紙

問題3

当社は、組別総合原価計算を行っている。以下の資料にもとづいて製品Aおよぼ製品Bの月末仕掛品・完成品原価を答えなさい。

<資料>

1.生産データ

2.原価データ

3.その他

(1)原価配分方法は平均法による
(2)製造間接費は予定配賦をを行っており、予定配賦は200円/時間である。

解答用紙

問題4

当社は、等級別総合原価計算を行っている。以下の資料にもとづいて製品Aおよぼ製品Bの月末仕掛品・完成品原価を答えなさい。

<資料>

1.当月生産データ

2.当月原価データ

3.等価係数データ

解答用紙

問題5

以下の資料にもとづいて月末仕掛品・完成品原価を答えなさい。

<資料>

1.生産データ

(注)1、(  )内は加工進捗度を表す。

     2、材料は始点で投入される。

2.原価データ

3.その他

原価配分方法は先入先出法による。

正常減損は当月投入分から発生しているものとする。

解答用紙

 

ニャット
ニャット

pdfが必要な方はここからダウンロードしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました