【試験前の最後のチェック!】簿記2級・理論問題総チェック!!

2級 商業簿記
スポンサーリンク

理論問題でのポイント

ポイントに喜ぶ人のイラスト(女性)


近年は簿記2級においても理論的な問題が出題れることもあります。


理論問題のポイントは仕訳を頭の中で想像できる事が大切です


簿記の理論問題は仕訳の内容を文章にしたものが大半です。


問題文を読んで聞かれている仕訳を想像しましょう。


その中でも、仕訳と関係のない理論的な問題理論として出題しやすそうな内容をチョイスしてみました。


内容が不安な方は各ページに戻って確認しましょう。


一般商品売買

問題1

商品を売上げを認識するタイミングについては3つ以下のタイミングがある。
(①)商品を相手に引き渡した時点で売上を計上する基準、(②)商品を自社から出荷した日に売上を計上する基準、(③)商品を売り上げ、相手方が商品を検収した時点で売上を計上する基準がある。

これらの①~③の収益の認識基準の名称を答えよ。

解答

①引渡基準
②出荷基準
③検収基準


【簿記2級】売上原価対立法、割引・割戻、商品評価損・棚卸減耗損
今回は一般商品売買の中でも2級の新範囲の「売上の計上時期」「売上原価対立法」「棚卸減耗」「商品評価損」を解説します。 今回の内容はどれも重要で特に棚卸減耗・商品評価損は総合問題で聞かれる可能性は非常に高い問題です。 ・売上の計上時期の4項目 ・売上原価対立法の仕訳 ・割引き、割戻し ・棚卸減耗、商品評価損


問題2

(①)とは大量購入等により一定のキックバックをうける(する)ことをいう。
(②)とは早期の代金の支払いによる金利の減免を受ける(する)ことをいう。

①から②にあてはまる名称を答えよ。

解答
①割戻し
②割引


【簿記2級】売上原価対立法、割引・割戻、商品評価損・棚卸減耗損
今回は一般商品売買の中でも2級の新範囲の「売上の計上時期」「売上原価対立法」「棚卸減耗」「商品評価損」を解説します。 今回の内容はどれも重要で特に棚卸減耗・商品評価損は総合問題で聞かれる可能性は非常に高い問題です。 ・売上の計上時期の4項目 ・売上原価対立法の仕訳 ・割引き、割戻し ・棚卸減耗、商品評価損


問題3

実地棚卸数量が帳簿棚卸数量より減少している場合、この差額を(①)という。また、棚卸商品の帳簿価額から正味売却可能価額との差額については(②)という。

①から②にあてはまる名称を答えよ。

解答
①棚卸減耗損
②商品評価損


【簿記2級】売上原価対立法、割引・割戻、商品評価損・棚卸減耗損
今回は一般商品売買の中でも2級の新範囲の「売上の計上時期」「売上原価対立法」「棚卸減耗」「商品評価損」を解説します。 今回の内容はどれも重要で特に棚卸減耗・商品評価損は総合問題で聞かれる可能性は非常に高い問題です。 ・売上の計上時期の4項目 ・売上原価対立法の仕訳 ・割引き、割戻し ・棚卸減耗、商品評価損


問題4

サービスを提供した時は(①)で処理をし、サービスの原価については(②)として処理する。また長期にわたる場合、サービスの提供に先だって代金を前受けした場合(③)で処理し、いまだ提供していないサービスについて代金を前払いしたときは(④)で処理をする。

①から④にあてはまる名称を答えよ。

解答
①役務収益
②役務原価
③前受金
④仕掛品

【簿記2級】新範囲「サービス業」の会計処理を理解しよう!
今回のメインの内容は「サービス業」会計処理について解説します。 現在日本社会はサービス業の割合が非常に多くなっております。 特にGDPに対して約7割も占める状況です。 実務に直結する内容ですので今回の内容はぜひともしっかり押さえましょう。


固定資産

問題

固定資産現状を維持するための支出を(①)といい、固定資産を価値を高める支出を(②)といい、(①)については(③)として処理し、(②)については(④)として処理する。

解答
①収益的支出
②資本的支出
③費用
④資産(または、対象の固定資産の帳簿価額に加算)


【ライバルと差をつけろ!】固定資産の買い替え、火災保険の仕訳等
今回の内容は今までの応用的な側面が強い内容です。 そのため、試験では出題されやすい内容になっています。 今回の解説ポイントは以下の内容です ポイント ・買い替えの仕訳 ・「除去」=「貯蔵品」 ・「廃棄」=「売却損益」 ・建設仮勘定 ・火災保険に関する仕訳の処理


有価証券

問題

時価の変動によって利益を得ることを目的とする有価証券を(①)といい、満期まで保有する意図をもって保有する債券を(②)という、また子会社として保有する株式を(③)といい、子会社以外の会社に対して影響力を与えることを目的とした有価証券を(④)という。そして上記のどれにも該当しない株式を(⑤)という。

 (②)については額面と取得価額との差額を(⑥)といい、(⑦)で処理される。

 また、(⑤)は決算において帳簿価額と時価に差額が発生すれば(⑧)として処理する。

解答

①売買目的有価証券
②満期保有目的債券
③子会社株式
④関連会社株式
⑤その他有価証券
⑥金利の調整差額
⑦償却原価法
⑧その他有価証券評価差額金


【難しい!?】圧縮記帳・有価証券の理解のコツを伝授します!
今回の内容は2級に新登場した「圧縮記帳」と3級からボリュームアップした「有価証券」です。 有価証券は3級との違いに面食らう方もいらっしゃるかもしれません。 今回のポイント ・圧縮記帳の処理 ・有価証券の種類 ・有価証券の購入、配当・利息と売却 ・有価証券の時価評価 圧縮記帳・特に有価証券を理解していただけます。


引当金

問題

貸倒引当金については、一般的な債権に一括で設定する(①)債権と、相手側から担保を受け入れたときは債権の金額から担保の回収可能見込み額を控除した残高に貸倒設定率を掛けて設定する(②)債権に分けられる。

解答

①一括評価
②個別評価


【計算方法を抑えろ!】端数利息・貸倒引当金・その他の引当金
今回は債権の端数利息、貸倒引当金、ほかの様々な引当金の解説です。 有価証券の内容は多いですが、その分理解すれば確実に点がとれる内容です。 また、貸倒引当金は今後財務諸表の作成でポイントになってくる内容です。 今回のポイント ・端数処理の日数の計算の理解 ・有価証券利息の処理 ・貸倒引当金の処理 ・その他の引当金の処理


問題2

売上割戻引当金は損益計算書の表示上(①)として表示し、返品調整引当金は損益計算書の表示上(②)として表示する。

解答

①売上のマイナス
②売上総利益のマイナス


【簿記2級】リース取引を理解する3つのポイント+特殊な引当金(返品調整引当金・売上割戻引当金) 
今回から本格的に簿記2級の新試験範囲に突入します。 特にリース取引については以前は1級の範囲でしたので、不安に思う方もいらっしゃる方もいると思いますが、理屈を抑えれば難しい内容ではないです。 このブログ読んでいただけると、リース取引の根幹の理屈が理解できます。基本の理屈が理解できていると応用的な問題にも対応できます。


リース

問題

リース取引は(①)取引と(②)取引に分けられる。(①)取引については(③)、(④)を満たす必要がある。(①)取引は(⑤)処理を行い、(②)取引は(⑥)処理を行う。

解答

①ファイナンス・リース取引
②オペレーティング・リース取引
③フルペイアウト
④解約不能(または、ノンキャンセラブル)
⑤資産
⑥費用


【簿記2級】リース取引を理解する3つのポイント+特殊な引当金(返品調整引当金・売上割戻引当金) 
今回から本格的に簿記2級の新試験範囲に突入します。 特にリース取引については以前は1級の範囲でしたので、不安に思う方もいらっしゃる方もいると思いますが、理屈を抑えれば難しい内容ではないです。 このブログ読んでいただけると、リース取引の根幹の理屈が理解できます。基本の理屈が理解できていると応用的な問題にも対応できます。


研究開発費

問題

(①)とは新しい知識の発見を目的とした計画的な調査及び探求を言いい、(②)とは新しい製品等について計画等を著しく改良するための計画も等その他の知識を具体化することをいう。

 ソフトウェアについては将来の収益獲得または費用の削減が確実と認められる場合は(③)として処理し、将来の収益獲得または費用の削減が確実と認められない・不明の場合は(④)として処理し、機械等に組み込まれている場合(⑤)として処理する。

解答
①研究
②開発
③無形固定資産
④費用
⑤付随費用


【知識を整理しよう!】簿記2級・研究開発費、ソフトウェア
今回も簿記2級の新範囲「研究開発費・ソフトウェア」を解説します。 研究開発費・ソフトウェアは計算の難しさというより引っ掛けに気を付けるべき内容です。 つまり、資産計上するのか費用計上するのかの判断するための知識が重要になる分野です。 今回のブログを最後まで読んで頭の中をスッキリ整理して理解しましょう。


外貨換算会計

問題

 現金等に代表される貨幣性資産は(①)で換算し、棚卸資産等に代表される非貨幣性資産は(②)で換算を行う。また、為替の変動を回避するためにあらかじめ決済時の為替相場を銀行との契約で決めておくことができる。これを(③)をといいます。

解答
①決算時為替相場(CR)
②発生時為替相場(HR)
③為替予約


【簿記2級】換算レートをしっかり使いこなせてますか?換算レートの選び方教えます!!外貨換算会計
現在のグローバルな経済を考えると国内の処理だけを見ているだけでは不十分です。 多くの企業が海外と取引を行っていますね。 海外との取引はどのように処理するのか見てみましょう。 今回のポイント ・各取引で使用するレート ・前受金・前渡金の処理 ・決算日の処理


税効果会計

問題

 会計上の利益の計算方法は「収益ー費用」であるが、税法上の利益の計算方法は「(①)ー(②)」である。また税法上の利益こことを(③)という。この会計上の利益と税法上の利益の違いから(④)と永久差異が発生する。

解答
①益金
②損金
③課税所得
④一時差異


【簿記2級】難しい!?税効果会計を世界一わかりやすく解説!
簿記2級のなかで、理屈が最も難しいのが今回解説する「税効果会計」ではないでしょうか? その理由としては、本質的な理解のためには簿記以外の知識が必要になるからです。 今回はそんな簿記以外の内容についても細かく解説しております。 ポイント ・税務上と会計上の利益の違い ・一時差異


合併

問題

 合併の仕訳において差額が生じる場合、借方に生じた場合は(①)として処理し、貸方に生じた場合は(②)として処理する。(①)は(③)として処理し、(②)は(④)として処理する。貸借対照表上、(③)は(⑤)として表示する。

解答
①のれん
②負ののれん
③資産
④特別利益
⑤無形固定資産


【簿記2級】合併で重要なのは数字の選択!?選択を間違うと正解にたどり着きません!+消費税
今回は吸収合併について解説します。 吸収合併っていうとM&Aのことですが、なんかすごく難しそうと思う方もいらっしゃると思います。 実務はいざ知らず、簿記の吸収合併は難しくありません。気負う必要はありません。 ポイントは 吸収合併=資産・負債の購入 差額=「のれん」「負ののれん」で処理


連結会計

問題

 連結会計上、子会社を支配しているかについて判定しているかについての考え方は(①)を用いる。また、子会社を支配している親会社以外の会社を(②)という。

 親子会社間で商品の売買を行っている場合、親会社から子会社へ商品の販売を(③)といい、子会社から親会社への商品の販売を(④)という。

解答
①支配力基準
②非支配株主
③ダウンストリーム
④アップストリーム


【簿記2級】連結問題を捨ててませんか?連結に関する不安解消します!
簿記2級の受験生の多くの方は連結会計を苦手にしているのではないでしょうか? それゆえ簿記2級の受験生の中には連結問題を捨ててらっしゃる方もいらっしゃるのでないでしょうか? 連結をすてるなんてもったいない! 連結は確実に点がとれますし、実にパズル的な問題です。 これから数回に分けて、連結に関する不安を解決していきます。
【簿記2級】連結・未実現利益が解ける3ステップ+精算表の記入方法
今回は連結の中でも苦手にしてしまう方が多いのではないでしょうか? この未実現利益の消去では仕訳を覚えるのではなく解き方を理解しましょう。 今回はそのための3ステップを紹介します。 未実現利益の解き方を理解し、得点につなげましょう!


タカ
タカ

PDFが必要な方はこちらからダウンロードできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました