【簿記1級】まず足場固め!利益率・原価率の関係性を解説します。連結でも使います!!+総記法も

1級 商業簿記
タカ
タカ

一般商品売買については3級、2級の内容については以下のページを参照してください。

【簿記3級・独学向け】「一般商品売買」を4つのポイントでスッキリ理解しよう!
一般商品売買は簿記の基礎になる取引です。 ここをしっかり理解することが今後の理解に繋がります。 一般商品売買を理解するポイントは4つです。①分記法と三文法の違い②割戻と戻りについて③「諸係り」について④「掛け取引」について 今回のブログを読んでいただけると、一般標品売買をすっきり理解できます。


【簿記2級】売上原価対立法、割引・割戻、商品評価損・棚卸減耗損
今回は一般商品売買の中でも2級の新範囲の「売上の計上時期」「売上原価対立法」「棚卸減耗」「商品評価損」を解説します。 今回の内容はどれも重要で特に棚卸減耗・商品評価損は総合問題で聞かれる可能性は非常に高い問題です。 ・売上の計上時期の4項目 ・売上原価対立法の仕訳 ・割引き、割戻し ・棚卸減耗、商品評価損


簿記1級の計算で重要な利益率・原価率の関係性をまずまとめたいと思います。

この関係性は今後の特殊商品売買・連結でも重要になりますのでしっかり理解しましょう。


スポンサーリンク

原価率・利益率・利益付加率

満足セットメニューのマーク(POP)

(1)原価とは?


商品の原価は購入の代価から仕入戻し高と仕入値引き等を控除して、仕入付随費用を加算したものをいいます。


購入原価=(購入代価ー仕入値引ー仕入戻)+仕入付随費用


(2)売価とは?


商品の売価は予定販売価格のことをいう。例外的に実際売上高のことをいう場合もある。


予定販売価格から売上値引・売上割戻を控除した額が実際販売価格をいう。


実際販売価格=総売上高ー売上戻りー売上値引きー売上割引


(3)原価率


原価を売価(予定販売価格)で除したものをいう。


原価率=原価÷売価


(4)利益率


売価(予定販売価格)から原価を控除したものを利益といい、この利益を売価で除したものを利益率という。


1から利益率を控除すると原価率に等しくなる。


・利益=売価ー原価
・利益率=利益÷売価


4,利益付加率

利益を原価で除したものを利益付加率という。

・利益付加率=利益÷原価    
・売価÷原価=1+利益付加率   
・原価率=1÷(1+利益付加率)


ニャット
ニャット

いろいろあって、頭の中が混乱しそう。

タカ
タカ

1つ1つ確実に理解していきましょう。
総合問題では合わせ技も出たりしますよ。

 

例 題売価10,000円、原価8,000円の場合の利益率と利益付加率は?


解答

利   益 10,000-8,000=2,000

利 益 率 2,000(利益)÷10,000(売価)=20%

利益付加率 2,000(利益)÷8,000(原価)=25% ⇒利益付加率25%

      10,000(売価)÷8,000(原価)=125%⇒利益付加率25% 

 

例 題以下の資料をもとに損益計算書を完成させなさい。
【資料】
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: MZzHSWrMXiaBqo9A_kEYv7SInoPX8D7I8Srie1U_aEOLIehY2wgSQS6i0ViJqi-5FqSZ5hCE4pi9eORfii2FXW4PU-UevZP43p5N1ShsPkZ8uClQcLzIML5XBPb96BzyjUOvhFN2
・当期の商品販売の利益率は30%である。
・売上勘定の借方は売上値引800円が記入されている。


解答

売上:試算表売上勘定額

売上原価

1,当期仕入高;試算表仕入高

2,期末商品棚卸高;売上150,200+売上値引800=151,000

          売価151,000×原価70%=105,700

          期首9,800+当期104,800-売上原価105,700=期末8,900

(参考)各取引内容一覧

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: OlA9SFVRH2V3WF8YO5ncPEDxIH2QnYD83fdtkfnRETiwT9-6hGllBdYm7TIpaNpNBvNgIRI6DKJgd2PkquTd81z45WRxzcF34vFTEK8Jm1m3tm_qQgXwdwzD0O2qXPreELdjEL0k


総記法

まとめサイトのイラスト


総記法とは?


総記法は、仕入時も売上時もすべて商品勘定のみで記帳を行う記帳方法です。


①仕入時


例 商品500円を掛けで仕入れた。

(商 品)500 (買掛金)500


②仕入戻し・仕入値引き


例 商品100円を仕入戻しを行い掛けと相殺した。

(買掛金)100 (商 品)100


③売上時


例 商品1,200円を掛けで販売した。

(売掛金)1,200(商 品)1,200


④売上戻し・値引き


例 販売した商品のうち200円を値引きした。

(商 品)200 (売掛金)200


⑤決算整理


例 決算を迎えたため上記の内容について決算整理を行う。

(商品)600 (商品販売益)600※

貸借の差額を商品販売益として計上する


上記の一連の流れをまとめると以下の様になります。

決算整理前残高(総記法)

総記法のポイント

・記帳は「商品勘定」のみ
・決算整理は「商品勘定」を「商品販売益」に振り替える。

(貸方残高)
商品販売益=決算整理残高+期末商品帳簿残高
(借方残高)
商品販売益=期末商品残高-決算整理残高
 
ニャット
ニャット

期中はすべて「商品」勘定で処理するんだね。

タカ
タカ

そうです。
決算整理で貸借差額商品販売益に計上します。

まとめ

・商品の原価
購入原価=(購入代価ー仕入値引ー仕入戻)+仕入付随費用

・商品の売価
実際販売価格=総売上高ー売上戻りー売上値引きー売上割引

・利益率
利益率=原価÷売価   

・原価率
原価率=(売価-原価)÷売価
   =利益÷売価

・利益付加率
利益付加率=(売価-原価)÷原価
     =利益÷原価

・その他
1-原価率=利益率、1÷(1+利益付加率)=原価率

各記帳方法のまとめ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: w4Z54HlqvFgUm0gKo317OcdaiKLH2KNlgQBXBQV3E1kpPeBMxmMF8fPwwSeXYn8fzsDL3JVHT8lc_JYa4VqaKo0LKf_zwvPMdCKIV9ovQQDpehkXp7vWvQKVn1FBSsdlK_raB6Tu

コメント

タイトルとURLをコピーしました