【最重要科目!】特別な重要性を持つ現金(今後の中心になる科目です)

仕訳

今回の内容は「現金・預金、現金過不足、当座預金、小切手、当座借越・小口現金」です。



タカ
タカ

これらはどれも今後の取引の中心になる重要な内容です。



今回のポイント
①現金の範囲
②現金過不足は帳簿上の額を実際の現金にあわせる
③他人振出小切手と自己振出小切手の区別
④小口現金の処理



今回の内容で上記の内容を抑えるだけでも現金の範囲はだいぶスッキリ理解できます。



タカ
タカ

今後は特に指示のない場合は三分法で仕訳をします。本試験においても同様です。


スポンサーリンク

現金・預金

現金は実務においても最も重要な科目といえます。 
そのため、実務での扱いは他の資産と異なり最新の注意を払う必要があります。


現金の範囲


現金の範囲は以下のようになります。


現金(紙幣・貨幣)
通貨代表証券(銀行に持って行けば現金に変えてくれるもの→現金と同様に扱う)
 他人振出小切手        (自己振出小切手は当座預金勘定)
 送金小切手          (送金手段として銀行が振り出す小切手)
 支払い期日到来の公社債の利札 (社債の利息を表す証券)
 株式配当金領収書                    (株式の配当を表す証券)


タカ
タカ

申し訳ありませんがこれらについては暗記してください。

ニャット
ニャット

覚えるの?

タカ
タカ

ええ。一言一句覚える必要はありませんが、現金の範囲については覚えなければどうにもなりません。

ニャット
ニャット

いかにも試験でひっかけ問題を出しやすそうな内容ですね。


例 10万円をA社に売上げ、代金を同社振出の小切手を受け取った。

(借方)現 金   100,000  /(貸方)売 上   100,000


仕訳の意味は現金(小切手)が10万円増加し、その理由は売上が10万円発生したという意味ですね。



現金過不足

実務上あってはならないですが現金の額が手元の額(実際在高(じっさいありだか))と帳簿残高とが合わないことがあります。



ポイントは、帳簿残高を実際在高に合わせる処理をうことです。その際、差額については「現金過不足」で処理をします。


例 現金の帳簿残高が120円であったが、実際在高は100円であった。

(借方)現金過不足  20   /(貸方)現 金     20


上記の仕訳の意味は現金が20円減少した。その理由は現金過不足(現金の不足)が20円発生したからとなります。



例 現金の帳簿残高が150円であったが、実際在高は200円であった。

(借方)現 金  50   /(貸方)現金過不足     50


一方、上記の場合は現金が50円増加したその理由は現金過不足(現金過剰)が50円発生したからとなります。



上の2つの仕訳の現金過不足を集計すると貸方残高で30円となります。



現金過不足の理由が判明した場合


現金過不足の理由が判明した場合には以下のように処理します。



例 現金過不足(現金不足20円)についてB社からの仕入が記帳されていないことが判明した。

現金過不足発覚時に以下の仕訳をしています。

(借方)現金過不足 20 / (貸方)現金 20


この現金過不足の理由が発覚したため、相殺しその理由として「仕入」を記入します。


解答(借方)仕入 20 /(貸方)現金過不足 20


 この仕訳の意味は現金過不足(貸方)20円が減少した代わりに、仕入20円が発生したという意味です。



現金過不足では現金不足については借方残高現金過剰を貸方残高と表記することがあります。



当座預金


日々の取引について現金でやり取りしている会社はほぼ皆無と思われます。


タカ
タカ

通常取引で使われるのが当座預金です。


当座預金とは小切手や手形によって支払われる業務用口座であり、利息は発生しません。


例  A社は100万円の現金を当座預金に振り込んだ。

(借方)当座預金  1,000,000   /(貸方)現金     1,000,000


仕訳は現金100万円を支払い、当座預金100万円が増加したという意味です。


小切手

他社が振り出した小切手(他人振出小切手)については上記で現金同様に扱うと説明しました。


自分で小切手を振り出した場合はどうでしょう。


例 A社はB社に対する仕入5万円を支払うために小切手を振り出した。

(借方)仕 入   50,000   /(貸方)当座預金   50,000


小切手を振り出した場合、当座預金から支払われることになるので、当座預金5万円を減少させます。その減少の理由としては仕入5万円を行ったからです。


また、自分が振り出した小切手(自己振出小切手)を自分で受け取る場合もあります。


例 A社はB社に対し5万円を売上、以前A社が振り出した小切手を受け取った。

(借方)当座預金   50,000   /(貸方)売上   50,000


この場合、振り出した小切手5万円が当座預金に戻って来たと考えます。


あくまで自己振出小切手ですので、「当座預金」で処理します。これが他人振出小切手ならば「現金」で処理します。


ポイント
他人振出小切手現金で処理
直ちに当座預金に預け入れた場合は当座預金で処理)
自己振出小切手当座預金で処理

当座借越



当座預金は預金残高までしか通常は取引できません。


しかし銀行と契約を結めば、預金残高を超える額の取引が出来ます。これを「当座借越(とうざかりこし)」といいます。

例 A社はB社から100万円の仕入を行い、小切手を振り出した。当座預金の残高は80万円であった。A社については銀行と200万円の当座借越の契約を結んでいる。

     (借方)仕入   1,000,000   /(貸方)当座預金   800,000                                                                                              当座借越   200,000


例 上記の取引の後、A社は当座預金に50万円を振り込んだ。   

     (借方)当座借越   200,000   /(貸方)現金   500,000
         当座預金   300,000


この当座借越自体は実質的な銀行に対する借金ですので、負債になります。


この「当座借越」の一連の取引について「当座」のみを使用する場合もあります。


これを「一勘定制」といいます。これに対し「当座借越」を使用する場合を「二勘定制」といいます。


例 A社はB社から100万円の仕入を行い小切手を振り出した。当座預金の残高は80万円であった。A社については銀行と200万円の当座借越の契約を結んでいる。なお、当社は「一勘定制」を採用している。

(借方)仕入   1,000,000   /(貸方)当座   1,000,000


例 上記の取引の後、A社は当座預金に50万円を振り込んだ。

      (借方)当座   500,000   /(貸方)現金   500,000


一勘定制と二勘定制の比較


小口現金

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image


会社の規模が大きくなると経理部のみで現金の処理を行うには限界があります


そこで各部署に一定の金額を渡し、各部署で交通費や事務用品といった細かい金額の処理を行います。


このお金を「小口現金」といいます。この管理する人を「小口現金係」といいます。


「定額資金前渡法」

財布からお金を取り出す人のイラスト(男性)



通常、小口現金は一定期間分を各部署に前渡し、一定期間終了後に小口現金係からの報告をもとに、使った分だけ補給する方法をとります。


この方法を「定額資金前渡法」といいます。


小口現金の処理


例 小口現金を営業部の小口現金係に10,000円渡した。

(借方)小口現金   10,000  /(貸方)現 金   10,000


上の仕訳の意味は現金が10,000円が減少し、その理由は小口現金が10,000円増加したためです。


例 営業部の小口現金係が小口現金から消耗品1,000円支払った。

仕訳なし


タカ
タカ

経理部以外の部署が小口現金で支払いを行ったとしても,小口現金係が帳簿に記帳をするわけではないので仕訳はしません

 
ニャット
ニャット

経理部以外の部署の小口現金の仕訳はいつ記帳を行うの?

タカ
タカ

小口現金の仕訳は各部署から経理部へ報告があった時点で仕訳を行います。


例 営業部の小口現金係より消耗品1,000円を小口現金で支払った報告を受けた。なお、営業部の小口現金係には10,000円の小口現金を前渡ししてある。

(借方)消耗品費   1,000  /(貸方)小口現金  1,000


例 経理部は営業部に対して不足の小口現金を5,000円補給した。

(借方)小口現金   5,000  /(貸方)現 金   5,000



タカ
タカ

少し応用で補給支払いの報告が同時にあった場合の仕訳を考えます。


例 経理部は営業部に5,000円の小口現金の補給を行った。と同時に1000円の消耗品の支払いの報告を受けた。
(借方)小口現金   4,000  /(貸方)現 金   5,000
    消耗品費   1,000


仕訳の詳細は以下のようになります。

 

相殺はしっかりしよう


簿記の試験の暗黙の了解として、相殺できるものは相殺して仕訳を書く必要があります。


タカ
タカ

上の仕訳でしたら、実務上2本の仕訳を起こしてもいいと思いますが、試験では相殺して1本の仕訳として書くほうがいいと思います。

ニャット
ニャット

試験ではしっかり相殺する必要があるんだね。


まとめ

1、現金の範囲

①現金(紙幣・貨幣)
②通貨代表証券(銀行に持って行けば現金に変えてくれるもの→現金と同様に扱う)
 他人振出小切手        (自己振出小切手は当座預金勘定)
 送金小切手          (送金手段として銀行が振り出す小切手)
 支払い期日到来の公社債の利札 (社債の利息を表す証券)
 株式配当金領収書                    (株式の配当を表す証券)


2、現金過不足

現金過不足では現金不足については借方残高現金過剰を貸方残高と表記することがあります。


3、当座預金

当座預金とは小切手や手形によって支払われる業務用口座であり、利息は発生しない。


4、小切手

他人振出小切手現金で処理
直ちに当座預金に預け入れた場合は当座預金で処理)
自己振出小切手当座預金で処理


5、当座借越

この当座借越自体は実質的な銀行に対する借金ですので、負債になります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-9-600x133.png


6、小口現金

小口現金→資産
経理部以外の部署の小口現金の支払いは「仕訳不要
補給と支払いの報告があった場合は仕訳を相殺する

コメント

タイトルとURLをコピーしました