【簿記1級】「特殊商品売買」ポイントは仕訳をしっかり書くこと!「未着品売買」を解説します!!

1級 商業簿記

今回から1級の新範囲「特殊商品売買」を解説します。


タカ
タカ

この「特殊商品売買」は初心者の方の壁になりがちな範囲です。


特に1級では出題されそうな難易度の高い例題を用意しました。


繰り返し解きなおしてしっかり理解しましょう。


「特殊商品売買」を理解・問題を解くためのポイントはしっかり仕訳を理解・書くことです。


この「特殊商品売買」は様々なテクニックも存在しますが、小手先のテクニックは通用しないと考えた方がいいです。


スポンサーリンク

未着品売買

輸入のイラスト


海外などから商品の仕入を行うと、現品が到着する前に貨物代表証券(船荷証券等)を入手することがあります。



この貨物代表証券に示される運送中の貨物を「未着品」といいます。



現品が到着した場合には、貨物代表証券の提示により商品を受け取ることが出来きます。


また貨物代表証券を裏書譲渡することによって運行中の商品を販売することができます。


タカ
タカ

これを未着品販売といいます。


未着商品販売においては、貨物代表証券の裏書譲渡時に売上高の計上を行います。


未着品の流れ

未着品の記帳方法


未着品の記帳方法には①その都度法と②期末一括法があります。


①その都度法

二度見のイラスト


その都度法は貨物代表証券を裏書譲渡するつど、その商品原価相当額を仕入勘定に振り替える方法です。


1,商品100,000について、仕入先より貨物代表証券を入手し、代金は掛けとした

(未着品)100,000(買掛金)100,000


2,上記の貨物代表証券と引き換えに現物を受け入れた。なお、この際に取引費用10,000円を現金で支払った。

              (仕入)110,000(未着品)100,000
                        (現 金) 10,000


3,貨物代表証券5,000円を得意先に6,000円で売却し、代金は掛けとした。

(売掛金)6,000 (未着品売上)6,000
(仕 入)5,000 (未 着 品)5,000


4,決算となった。なお期首貨物引換証棚卸高は3,000円であり、期末貨物証券引換棚卸高は5,000円であった。

仕訳なし



タカ
タカ

その都度法は商品を販売するその都度、販売原価を把握するため決算整理は不要です。


ニャット
ニャット

決算整理は売上原価を把握するためにするんだったね。


【簿記3級】総合問題の最重要項目・「売上原価」について徹底解説!+消費税の処理方法
「売上減価」の算定については減価償却同様決算の中心的な処理の1つです。 今回はかなり丁寧に解説しています。 複数回読んでいただければしっかり理解できるとおもいます。 ポイント ・売上原価の仕訳の理解 ・消費税の処理


②期末一括法

旅日記のマーク「まとめ」


期末一括法は貨物代表証券を裏書譲渡した場合にのみ未着品売上の計上を行います。


但し、決算整理で貨物代表証券の期末残高を仕入勘定に振り替えます。


1,商品100,000について、仕入先より貨物代表証券を入手し、代金は掛けとした

(未着品)100,000(買掛金)100,000


2,上記の貨物代表証券と引き換えに現物を受け入れた。なお、この際に取引費用10,000円を現金で支払った。

             (仕入)110,000(未着品)100,000
                      (現 金) 10,000


3,貨物代表証券5,000円を得意先に6,000円で売却し、代金は掛けとした。

(売掛金)6,000 (未着品売上)6,000


4,決算となった。なお期首貨物引換証棚卸高は3,000円であり、期末貨物証券引換棚卸高は5,000円であった。

(仕 入)3,000(未着品)3,000
(未着品)3,000(仕 入)3,000


タカ
タカ

期末一括法の「未着品」勘定をまとめると以下のようになります。
貸借差額は期末残高になります。


未着品勘定ボックス図


例 題当期の下記の資料にもとづき損益計算書を完成させなさい。
【資料】
参照事項および決算整理事項
1,一般売買に関する事項
(1)期末の手許商品の帳簿棚卸高は124,380円である。
(2)一般販売の当期の原価率は75%である。
(3)期中に返品、値引、割戻はなかった。
2,未着品売買に関する事項
(1)未着品売買にかんする記帳方法は期末に一括して仕入勘定で売上原価を算定する方法を採用している。
(2)期首の貨物引換証の有高は32,400円である。
(3)期中に貨物引換証と引き換えに商品105,600円を引き取ったが、その際、取引運賃2,640円を支払っている。
(4)期末の貨物引換証の有高は29,400円である。

決算整理前残高試算表
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 4ucSir_Nc1NAC8cDifb4piwqDe2D5TgYiMmRiuqaqVxXfMdRzBtElikpTfdyZalduoQk-Ozym8FNnTDdLpSkK5_D3wR9-x8s_Zp8nEOBEFDTDgQTDgCk2C4zAsXYTrMy6M6DdrDX


解答

解説

一般商品売買
【決算整理】
               (仕  入)97,650(繰越用品)97,650
               (繰越商品)98,310(仕  入)98,310


未着品売買期末一括法なので決算整理が必要
【期中取引】
              (仕 入)108,240(未着品)105,600
                       (現 金) 2,640



【決算整理】
              (仕 入)32,400(未着品)32,400
              (未着品)29,400(仕 入)29,400


勘定分析

未着品勘定

※1 差額


タカ
タカ

ここから未着品の裏書譲渡額がわかります。

※1 差額


ポイント

期末一括法では決算整理前残高には期末商品残高裏書譲渡額が含まれることになる。
その都度法では決算整理前残高と期末商品残高では同額になる。


仕入勘定

※1 差額
※2 未着品の仕訳参照

一般商品売買

※1 差額

手元商品分析

※ 差額


ポイント
未着品の現品到着では取引運賃(付随費用)を忘れず加算すること。


まとめ

未着品販売

①その都度法

1、商品を仕入先より貨物代表証券を入手し、代金は掛けとした

(未着品)×××(買掛金)×××


2,上記の貨物代表証券と引き換えに現物を受け入れた。

(仕 入)×××(未着品)×××


3,貨物代表証券を得意先に売却し、代金は掛けとした。

(売掛金)××× (未着品売上)×××
(仕 入)××× (未 着 品)×××

4,決算となった。

仕訳なし

期末一括法

1,商品を仕入先より貨物代表証券を入手し、代金は掛けとした

(未着品)×××(買掛金)×××


2,上記の貨物代表証券と引き換えに現物を受け入れた。

(仕 入)×××(未着品)×××


3,貨物代表証券を得意先に売却し、代金は掛けとした。

(売掛金)××× (未着品売上)×××


4,決算となった。

(仕 入)×××(未着品)×××
(未着品)×××(仕 入)×××


ニャット
ニャット

2つの違いは売上時と決算時だね。

タカ
タカ

そうです。
その都度法は売上原価対立法的、
期末一括法は三分法的な仕訳になりますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました