受験生必見!簿記2級(引当金・リース・研究開発・外貨・税効果・株式)解き方・テクニック総まとめ

2級 商業簿記
スポンサーリンク

貸倒引当金、その他の引当金のまとめ

積み立てのイラスト(男性)

貸倒引当金


・一括評価

一般的な債権に一括で設定する貸倒引当金です。


貸倒引当金=債権期末残高×貸倒設定率


・個別評価

相手側から担保を受け入れたときは債権の金額から担保の回収可能見込み額を控除した残高貸倒設定率を掛けて見積もります。



貸倒引当金=(債権期末残高ー回収可能見込額)×貸倒設定率


・売上割戻引当金



(売上割引引当金繰入)×××(売上割戻引当金)×××


※売上割戻引当金繰入は費用ですがP/L上は売上のマイナスで表示することが原則です。(詳細は問題文に従ってください。)


・返品調整引当金



(返品調整引当金繰入)×××(返品調整引当金)×××


返品調整引当金=返品見込み額×売上総利益率


返品調整引当金繰入は費用ですがP/L上は売上総利益のマイナスで表示することが原則です。(詳細は問題文に従ってください。)


【簿記2級】リース取引を理解する3つのポイント+特殊な引当金(返品調整引当金・売上割戻引当金) 
今回から本格的に簿記2級の新試験範囲に突入します。 特にリース取引については以前は1級の範囲でしたので、不安に思う方もいらっしゃる方もいると思いますが、理屈を抑えれば難しい内容ではないです。 このブログ読んでいただけると、リース取引の根幹の理屈が理解できます。基本の理屈が理解できていると応用的な問題にも対応できます。


リース取引

巨大ロボットコンテストのイラスト(女性)

・ファイナンス・リース取引の処理


①利子込み法

1、契約時

(リース資産)××× (リース負債)×××

利息相当額を含めた額をリース資産(資産)を計上するとともに、リース負債(負債)を計上します。


2、支払い時

(リース負債)×××(現 金)×××

リース料を支払ったときはリース料分だけ、リース債務(負債)を減少させます。


タカ
タカ

利息料はリース資産に含まれているのでここでは「利息」を計上しません。


3決算時

(減価償却費)×××(減価償却費累計額)×××

リース資産の価格をもとに、リース期間を対応年数とし、残存価額をゼロとして減価償却を行います。


②利子抜き法

1、契約時

(リース資産)×××(リース負債)×××

リース料総額から利息相当額を控除した額(見積現金購入価額)をリース資産(資産)として計上し、同額をリース負債(負債)を計上します。


2、支払い時

              (リース負債)×××(現  金)×××
              (支 払 利 息)×××

利息相当額を含まないリース料の分だけリース債務を減少させます。また、利息相当分について支払利息(費用)で処理します。


タカ
タカ

リース資産に利息が計上されていないため、ここで利息を計上します。


3、決算時

         (減 価 償 却 費)×××(減価償却費累計額)×××

リース資産の価格をもとに、リース期間を対応年数とし、残存価額をゼロとして減価償却を行います。


オペレーティング・リースの処理


1、契約時

仕訳なし


2、支払い時
          (支払リース料)×××(現    金)×××
リース料の支払い時に「支払リース料」等の適切な科目で費用処理をするのみ



3、決算時

仕訳なし




【簿記2級 商業簿記】これでわかる!! リース取引完全解説ガイド
今回は具体的なリース取引の会計処理・仕訳方法を解説します。 リース取引のポイント ・リース料総額を資産計上か支払いリース料を費用処理か ・資産計上する場合利息は資産額に込めるか込めないか。 今回のブログを読んでいただけるとリース取引の処理をしっかり理解できます。

研究開発費の処理と表示方法

研究に成功した人のイラスト(女性)


                (研究開発費)×××(現   金)×××


研究開発にかかる費用は発生したときに研究開発費(費用)として処理。


表示方法
原則:販売費一般管理費
容認:製 造 原 価


【知識を整理しよう!】簿記2級・研究開発費、ソフトウェア
今回も簿記2級の新範囲「研究開発費・ソフトウェア」を解説します。 研究開発費・ソフトウェアは計算の難しさというより引っ掛けに気を付けるべき内容です。 つまり、資産計上するのか費用計上するのかの判断するための知識が重要になる分野です。 今回のブログを最後まで読んで頭の中をスッキリ整理して理解しましょう。


外貨換算会計

ナイアガラの滝のイラスト



換算に用いる為替相場


①取引発生時の為替相場 HR(Historical Rate)
②決算時の為替相場   CR(Current Rate)


代金決済時の処理

         (当座預金)×××   (売 掛 金)×××
                     (為替差損益)×××


取引(買掛金・売掛金)は発生時の為替相場で換算します。一方で外貨建債権債務の決済は決済時の為替相場で決済を行います。


そうすると、買掛金・売掛金は決済額との間で差額が発生します。この差額を「為替差損益」で処理します。


前渡金・前受金の取引


取引に先だって前渡金や・前受金のやり取りした場合についてはやり取りした時点の為替相場により換算する。


※前渡金・前受金は期末で時価での換算を行わない


期末換算方法


為替差損益について


為替差損益については最終的な的な純額を損益計算書に表示します。


その際に貸方残高ならば営業外収益に表示し、借方残高ならば営業外費用に表示します。



【簿記2級】換算レートをしっかり使いこなせてますか?換算レートの選び方教えます!!外貨換算会計
現在のグローバルな経済を考えると国内の処理だけを見ているだけでは不十分です。 多くの企業が海外と取引を行っていますね。 海外との取引はどのように処理するのか見てみましょう。 今回のポイント ・各取引で使用するレート ・前受金・前渡金の処理 ・決算日の処理


為替予約


取引発生時までに為替予約を付した場合


例 題

以下の一連の取引について仕訳を行いなさい。

①×2年2月1日 A社は海外のB社より商品$200を輸入し、代金は3か月後に支払うこととした。また、取引と同時に為替予約を行った。取引時の直物為替相場は$1=113円、先物為替相場は$1=110円である。

②×2年3月31日 決算日を迎えた。決算時の為替相場は$1=110円である。

③×2年4月30日 ①の買掛金$200を現金で支払った。決済時の直物為替相場は$1=116であった。



①(仕 入)22,000  (買掛金)22,000
※$200×110(先物為替相場)=22,000



② 仕訳なし


簡便的な方法によると外貨建取引を為替予約相場で換算した場合、買掛金の換算は行いません。(為替差損益も生じません。)


③(買掛金)22,000(現金)22,000

※為替予約時の換算額で決済を行います。



取引発生後に為替予約を付した場合


取引発生後に為替予約を行った場合、為替予約差額は「直直差額」と「直先差額」に分けられます。この「直直差額」と「直先差額」をそれぞれ為替差損益で処理します。


例 題

以下の一連の取引について仕訳を行いなさい。

①×2年2月1日 A社は海外のB社より商品$200を輸入し、代金は2か月後に支払うこととした。取引時の直物為替相場は$1=112円である。

②×2年3月1日 上記の買掛金に為替予約を行った。この時の直物為替相場は$1=113円、先物為替相場は$1=110円であった。

③×2年3月31日 ①の買掛金$200を現金で支払った。この時の為替相場は$1=115円である。


①(仕 入)22,400(買掛金)22,400
※$200×112円=22,400

②(買掛金)400(為替差損益)400
直直差額=(113ー112)×200=200
直先差額=(110ー113)×200=△600
合  計=200+△600=△400
または、(110ー112)×200=△400


③(買掛金)22,000(現金)22,000
22,400(①)ー400(②)=22,000
または、$200×110円=22,000



【為替の影響を排除しよう!】簿記2級、為替予約(振当処理)
前回は一般的な外貨換算の処理について解説しました。 しかしながら前回の方法では、取引ごとに為替の影響を受けてしまいます。 これでは、安心して取引ができません。 そこで、今回は為替の影響を排除する「為替予約」という方法を解説します。 今回のポイント ・振り当て処理の処理方法


税効果会計


重い税金に苦しむサラリーマンのイラスト


仕訳方法



対象になる損益を相殺するため税効果の「法人税等調整額」を貸借逆に記入し、相手科目として「繰延税金資産」を記入します。(仕訳が貸借逆であれば、「繰延税金負債」を記入)


【簿記2級】税効果会計の仕訳を解説します!仕訳は簡単です!!
前回に引き続いて税効果会計の仕訳を具体的に見て行きましょう。 前回解説した通り、仕訳自体は複雑ではありません。また、仕訳の簡単な解き方を掲載しています。 ポイントは、どの項目が税効果会計の対象になるのか? この部分を今回のブログでしっかり理解しましょう。


株式の発行

証券取引所のイラスト


株式を発行した場合


              (当座預金)1,000  (資 本 金)500
                        (資本準備金)500


原則…払込金額全額を資本金として処理
容認…払込金額のうち、最低2分の1を資本金として処理し、残額は額は資本準備金(純資産)として処理


タカ
タカ

問題では容認規定を聞かれます。


申込証拠金の受取時の仕訳


(別段預金)×××(申込証拠金)×××


株式の割当が行われる前に申込者から受け取った払込金額(申込証拠金といいます)は資本金としないで、株式証拠金で処理します。

          (申込証拠金)×××  (資 本 金) ×××
                      (資本準備金) ×××
          (当 座 預 金)×××  (別 段 預 金) ×××



払込期日において、株式申込証拠金を資本金とするとともに、別段預金を当座預金に預け替えます



剰余金の配当と利益準備金の計算



タカ
タカ

この計算方法は法律で決まっています。
覚えましょう。


【簿記2級】利益準備金の計算式は暗記すればOK!
今回は利益処分の方法について解説します。 この利益処分については簿記の中では数少ない、暗記が必要になる部分です。 その理由は法律で決まっているからです。 内容を理解するのは非常に難しいので、暗記したほうが早いです。 今回の内容 ・株式の発行の方法 ・配当の処理 ・利益準備金の計算方法

合併

企業の合併・M&Aのイラスト


             (諸 資 産)×××(諸 負 債)×××
                       (資 本 金)×××


通常合併の場合は対価として自社の株式を渡します。この場合は資本金の増加として処理します。


合併の仕訳において差額が生じる場合は「のれん」(資産)で処理します。


【簿記2級】合併で重要なのは数字の選択!?選択を間違うと正解にたどり着きません!+消費税
今回は吸収合併について解説します。 吸収合併っていうとM&Aのことですが、なんかすごく難しそうと思う方もいらっしゃると思います。 実務はいざ知らず、簿記の吸収合併は難しくありません。気負う必要はありません。 ポイントは 吸収合併=資産・負債の購入 差額=「のれん」「負ののれん」で処理

コメント

タイトルとURLをコピーしました