【簿記1級】社債の問題ではこれがセットで出ます!「買入償還」はちゃんと解けますか?

1級 商業簿記

前回は社債の内容を解説しました。

【簿記1級】「社債」は難しくないです!利息法をマスターして得点源にしよう!!
今回からは社債の解説をします。タカ以前の範囲では2級の範囲でした。おそらくそれは計算方法が定額法だからでした。しかし、範囲が1級になった以上は計算方法は「利息法」が問われるのは当然ですね。...


試験で社債が出題される場合は社債利息の仕訳が聞かれるのみでしょうか?


問題として出題される場合は「買入償還」がセットで出されるのがほとんどです。


そのために「買入償還」を今回でしっかり理解しましょう。


スポンサーリンク

買入償還

たくさん買い物をする家族のイラスト(東南アジア人)


買入償還とは社債を発行した会社が、満期を迎えることなく社債を買い入れることを買入償還といいます。


 

タカ
タカ

買入償還は証券市場から買入を行うため、通常償還には損益が生じることになります。


償還の損益は「社債償還益」または「社債償還損」で処理します。


例 題

例 以下の資料に基づき①利息法、②定額法によって×2年6月30日の仕訳を示しなさい。なお、当社は暦年決算である。また、円未満は四捨五入すること。

【資料】
①×1年1月1日以下の条件で額面500,000円の社債を発行し、払込を受けた。
発行価格   額面1口100円につき95.67円
クーポン利率 年4%
実効利率   年5%
利払日    年1回 12月31日
償還期限   5年

②×2年6月30日に発行した社債すべてを484,500円で買入れ、端数利息とともに小切手を振り出して支払い、社債を償却した。


解説

1,利息法の計算
①償却原価の計算


社債の発行価額:額面500,000÷100円×@95.67=478,350


②×2年6月30日の社債利息の計算


実効利息:24,113×6月/12月≒12,057
約定利息:20,000×6月/12月=10,000
償却額 :4,113×6月/12月≒2,057


      (社債利息)12,057 (当座預金)10,000
                (社  債)2,057


③償還の仕訳

     (社   債)484,325※1 (当座預金)484,500
     (社債償還損)  175※2

※1 期首簿価482,268+当期償却額2,057=484,325
※2 差額


解答


タカ
タカ

×2年6月30日の仕訳を聞かれているので②+③の仕訳が解答になります


       (社債利息)12,057   (当座預金)10,000
                   (社  債)2,057
       (社   債)484,325  (当座預金)484,500
       (社債償還損)  175


2,定額法の計算


②償却原価の計算

(額面500,000-発行価額478,350)÷5年=4,330円/年(1年間の償却額)
×1年12月13日の社債の帳簿価額:478,350+4,330=482,680
×2年6月30日の社債の帳簿価額:482,680+2,165※=484,845

※4,330÷2=2,165(半年分の償却額)


③×2年6月30日の社債利息の仕訳

     (社債利息)12,165 (当座預金)100,000
                (社  債)2,165


④償還の仕訳

    (社  債)484,845 (当座預金)484,500
                (社債償還益)345


社債のタイムテーブル


タカ
タカ

定額法の場合はタイムテーブルを書くことをお勧めします。


抽選償還

■


抽選償還は社債の一定期間据え置いた後、抽選によって一定期間ごとに一定額ずつ分割償還することをいいます。


償却原価法は原則として利息法になります。


例 題

以下の資料に従い各問の仕訳を示しなさい。なお、当社は暦年決算である。また計算の結果円未満の金額が生じた場合には円みまんすぉ四捨五入をすること。

【資料】

①×1年1月1日に以下の条件で額面500,000円の社債を発行し、払込を受けた。
発行価額 額面1,000円につき973.18円
クーポン利息 年4%
実効利率   年5%
利払日    年1回 12月31日
償還期限   5年 ただし毎年12月31日に100,000円ずつ抽選償還を行う

②×1年12月31日にクーポン利息が当座預金から支払われた。

③×1年12月31日に社債100,000円を小切手を支払って定時償還をおこなった。

④×1年12月31日、本日決算を迎えた。

⑤×2年12月31日にクーポン利息が当座預金から支払われた。

⑥×2年12月31日、本日決算を迎えた。


解答


解説

1,社債の発行

額面500,000÷1,000×@973.18=486,590


2,利息の計算


ポイント
毎年100,000円ずつ償還を行うため毎年額面が変化します。
つまり額面×4%でもとめる約定利率が変化することが重要です。


一段上の問題に挑戦!

ボクシングをする会社員のイラスト(女性)
例 題

当期(自×1年1月1日 至×1年12月31日)に下記の資料に基づき①貸借対照表および②損益計算書を完成させなさい。

【資料1】決算整理前残高試算表(一部)


1,社債は額面200,000円を×0年7月1日に以下の条件で発行した。
発行価額   額面1口1,000円について977.7円
クーポン利息 年2.4%
実効利子率  年3%
利払日    年1回 6月30日
償還期限   4年

2,×1年6月30日に額面100,000円分の当社発行の社債を1口983.05円で買入償還をしたが、償還にかかる費用を仮払金勘定で処理した。なお、償還に伴う損益は経常損益とする。

3,×1年6月30日にクーポン利息を小切手を振り出して支払ったが、償却原価法の適用は未処理である。


解答


解説

①償却原価の計算


タカ
タカ

年度末と利払い日は半年ごとに来ますので、1/2をかけて計算すると計算しやすいですよ。


②買入償還

買入社債の簿価

(195,540+1,066)×100,000÷200,000=98,303

仕訳

          (社   債)98,303 (仮払金)98,305
          (社債償還損)2



タイムテーブル



タカ
タカ

当期の6月末までは200,000円分の社債利息を7月から12月末までは100,000円分の社債利息を計算することに気を付けましょう。
また、試算表に計上済の数字にも気を付けましょう。

未処理の処理

×1年6月30日


          (社債利息)533(社債)533※
※1,066(上記タイムテーブル参照)×6月/12月=533


×1年12月31日

    (社債利息)1,475※1 (未払社債利息)1,200 ※2
                (社    債)275 

※1 98,303×3%×当期6月/12月≒1,475
※2 残存社債100,000×2.4%×見越6月/12月=1,200


BS

未払費用⇒未払利息1,200
社債⇒98,582

PL

社債利息⇒2,400+533+275+1200=4408
社債償還損⇒仕訳より2

コメント

タイトルとURLをコピーしました