【簿記1級】1級の外貨換算会計はひとあじ違う!?復習から体系的に解説します!

1級 商業簿記

このサイト(タカボキ!)では外貨換算会計は2級でも解説しましたが、1級ではもう一回初めから全体を解説したいと思います


スポンサーリンク

外貨建て取引の分類


外貨取引会計とは「換算を外貨建ての取引ごと」に行うか、「外貨建ての建ての財務諸表単位」で行うかの大きく2つに分類されます。


①外貨建取引ごとの換算
②外貨建財務諸表の換算


換算に用いる為替相場の分類


1,直物物為替相場と先物為替相場


①直物為替相場

外貨の売買契約が成立と同時に、外貨の受け渡しを行う時点に用いる為替相場


②先物為替相場

外貨の売買契約が成立した一定期間経過後に、外貨の受け渡しを行う場合に用いる為替相場


2,直物為替相場の名称


①取引発生時の直物為替相場:HR(Histrical Rate)
②決算時の直物為替相場:CR(Current Rate)
③一定期間の直物為替相場の平均:AR(Average Rate)


各レートのイメージ図


外貨建取引の換算


外貨建取引については原則として取引発生時の為替相場HR)で換算する。


例 題

以下の取引の仕訳を示せ
当社は海外のA社より商品1,000ドルを輸入し代金は掛けとした。なお、輸入時の為替相場は1ドル=100円であった。


(仕 入)100,000(買掛金)100,000 ※1

※1 1,000ドル×HR100円=100,000円


代金決済時の処理


外貨建取引に伴う外貨建債権債務は取引時にHRで換算しましたが、当該債務を決済する場合為替レートが変更している場合があります。


この差額を「為替差損益」で処理します。



タカ
タカ

この為替レートの差額を「為替差損益」で処理する方法を「二取引基準」といいます。


ニャット
ニャット

じゃあ、「一取引基準」もあるの?

タカ
タカ

為替差損益を使わないで処理する方法を「一取引基準」といいます。

例を使って見てみましょう。

例 題

 以下の取引の仕訳を「一取引基準」・「二取引基準」で示せ

1,当社は海外のA社より商品1,000ドルを輸入し代金は掛けとした。なお、輸入時の為替相場は 1ドル=100円であった。 
  
2,当該1,000ドルを当座預金より決済した。決済日の為替相場は1ドル=¥105円であった。


仕訳

「一取引基準」

         1,(仕 入)100,000 (買掛金)100,000


         2,(買掛金)100,000 (当座預金)105,000
           (仕 入) 5,000


「二取引基準」

        1,(仕 入)100,000   (買掛金)100,000


        2,(買 掛 金)100,000 (当座預金)105,000
          (為替差損益) 5,000


ニャット
ニャット

なるほど、為替差損益が仕入(または売上)に変わっただけだね。


タカ
タカ

そうです。決済が終わるまで、仕入(または売上)が確定しないのが特徴ですね。
これは仕訳で聞かれることはあまりないと思います。
理論なんかで、たまに聞かれるくらいだと思います。


まとめ

・「二取引基準」は外貨建取引と決済を別の取引と考える⇒「為替差損益」で処理
・「一取引基準」は外貨建取引と決済を1つの取引と考える⇒仕入(または売上)で処理


前払金・前受金


取引に先立って現金の授受があった場合、為替の変動を受けないためHRでのみ換算を行います。



例 題

以下の各門の取引を示しなさい
1,販売価格200ドルの商品の輸出に先立ち手付金50ドルの送金を当座預金に受けた。(送金を受けた当日の為替相場は1ドル=100円)

2,上記の販売価格200ドルの商品を輸出した(当日の為替相場は1ドル=105円)。なお、代金のうち50ドルは上記手付金を充当し残額は掛けとした。

3,上記掛けを当座預金で決済した。(当日の為替相場は1ドル=110円)


仕訳

1,        (当座預金)5,000(前受金)5,000 ※1


2,         (前受金)5,000(売上)10,250
           (売掛金)5,250 ※2

3,      (当座預金)5,500※3 (売 掛 金)5,250
                      (為替差損益)250

※1 50ドル×100円=5,000
※2 50ドル×105円=5,250
※3 50ドル×110円=5,500


借入金・貸付金の処理


決済額面が外貨で表示されている資金の借入または貸付の換算の考え方は外貨建ての債権債務と変わりません。


【資金の借入】

           (現金預金)×××(借入金)××× ※1

※1 借入日の為替相場


【借入金の返済】

          (借 入 金)××× ※1(現金預金)××× ※3
          (為替差損益)××× ※3

※1 借入日の為替相場
※2 返済日の為替相場
※3 差額


例 題

当期のおける以下の取引の仕訳をせよ。

1,短期借入金$300を現金で借り入れた。なお借入日の直物為替相場は$1=95円であった。

2,返済日につき上記の借入金をドルに転換し、現金で支払った。なお借入日の直物為替相場は$  1=100円であった。


仕訳

1,借入日

        (現 金)28,500(短期借入金)28,500 ※1
※1 $300×95円=28,500


2,返済日

       (短期借入金)28,500(現  金)30,000 ※2
       (為替差損益) 1,500 ※3

※2 $300×100=30,000
※3 差額


外国通貨・外貨預金の円転処理


円転せずに外貨のまま保有している外国通貨や外貨預金は入金日もしくは決算日の直物為替相場で換算します。


為替相場に差額が出れば差額は「為替差損益」で処理します。


例 題

当期における下記の【資料】に基づき決算整理において必要になる仕訳を各勘定科目ごとに示しなさい。なお、決算日の直物為替相場は$1=100円である。

【資料】

当期末の外貨建資産負債は以下のとおりである。帳簿価額はいずれも取得時または発生日の為替相場に基づき計上されている。


仕訳(単位:千円)

解説

外貨建現金・債権債務はCR換算します。


まとめ

・「二取引基準」は外貨建取引と決済を別の取引と考える⇒「為替差損益」で処理
・「一取引基準」は外貨建取引と決済を1つの取引と考える⇒仕入(または売上)で処理

コメント

タイトルとURLをコピーしました