仕訳

スポンサーリンク
仕訳

【点数に直結!?】消費税・資本金・仕訳の修正・科目のまとめ

特に「仕訳の修正」については試験でも頻繁に出てきますし、今後2級も勉強される方は必須の内容です。 よって、試験では点に結び付けなければならない内容です。 また、ここ最近様々な科目が出てきたため科目のまとめを作成しました。 今回のポイント ・消費税の仕組みと処理 ・資本金の処理 ・仕訳の修正の手順
仕訳

盲点になりがちな「様々な債権・債務」

今回は営業上の様々な債権・債務についてみていきましょう。 様々な科目が登場します。 困ったときは権利→資産、義務→負債を思い出してください。 また、なにを聞かれていてどの科目を用いるのか判断できるようになりましょう。 権利⇒資産 義務⇒負債 をポイントに問題文にあった科目を選択
仕訳

【得点源にしよう!】有形固定資産・有価証券・未収金等

今までは営業上の取引がメインでしたが、今回は営業外の取引について見てみましょう。 営業外の取引は今後の減価償却の基礎や総合問題の得点源になります。 今回のポイント ・固定資産の取得価額 ・有価証券の取得価額、売却、配当 ・未収金、未払金の理解 ・借入金、貸付金(手形借入金、手形貸付金)の処理、違い
仕訳

【新試験範囲は狙われやすいゾ!】手形と電子記録債権債務

今回は手形、電子記録債権・債務の取引の解説をします。 電子記録債権債務は最近試験範囲に加えられた内容です。 狙われやすい新範囲の電子記録債権債務はしっかり押さえましょう。 手形についても様々な場面で出題されます。ここもしっかり押さえましょう ・手形の引き受け、振り出し ・手形の裏書・割引 ・電子記録債権・債務の取引
仕訳

【最重要科目!】特別な重要性を持つ現金(今後の中心になる科目です)

今回の内容は「現金・預金、現金過不足、当座預金、小切手、当座借越・小口現金」です。 これらはどれも今後の取引の中心になる重要な内容です。 今回のポイント ①現金の範囲 ②現金過不足は帳簿上の額を実際の現金にあわせる ③他人振出小切手と自己振出小切手の区別
仕訳

(簿記3級)一般商品売買がスッキリ理解できる4つのポイント!

一般商品売買は簿記の基礎になる取引です。 ここをしっかり理解することが今後の理解に繋がります。 一般商品売買を理解するポイントは4つです。①分記法と三文法の違い②割戻と戻りについて③「諸係り」について④「掛け取引」について 今回のブログを読んでいただけると、一般標品売買をすっきり理解できます。
仕訳

【入門者向け】いまさら聞けない簿記に関する3つの疑問!

簿記をご存じない方は、「簿記」という言葉を聞いたときにこんな疑問を抱くのではないでしょうか? 「簿記って言葉は聞いたことはあるけど実際なにするの?」 「簿記ができたらなにが出来るの?」 「経理業務を行うのに簿記の知識が必要なの?」 このブログを読んでいただければそんな疑問が解決します。
タイトルとURLをコピーしました