リース取引

スポンサーリンク
1級 商業簿記

【簿記1級】(商業簿記)リース問題の決定版!!この問題でリースの確認はバッチリ(解答編)

問題1 解説 1,ファイナンス・リース取引の判定(1)現在基準リース料総額額の現在価値基準40,000※1≧見積現金購入価額45,000×90% ※1 9,200+9,200÷(1+7.52%)+9,200÷(1...
2級 商業簿記

受験生必見!簿記2級(引当金・リース・研究開発・外貨・税効果・株式)解き方・テクニック総まとめ

貸倒引当金、その他の引当金のまとめ 貸倒引当金 ・一括評価 一般的な債権に一括で設定する貸倒引当金です。 貸倒引当金=債権期末残高×貸倒設定率 ・個別評価 相手側から担保を受...
1級 商業簿記

【簿記1級】ファイナンス・リース取引の借手の会計処理を紹介します。初心者の方は混乱注意!

前回はリース取引の判定の方法を紹介しました。 そして、今回はファイナンス・リース取引の会計処理について紹介します。 タカ ここでは、使う数字の選択が多いため特に初心者の方は混乱しやすいと思います。 ...
2級 商業簿記

【簿記2級 商業簿記】これでわかる!! リース取引完全解説ガイド

今回は具体的なリース取引の会計処理・仕訳方法を解説します。 リース取引のポイント ・リース料総額を資産計上か支払いリース料を費用処理か ・資産計上する場合利息は資産額に込めるか込めないか。 今回のブログを読んでいただけるとリース取引の処理をしっかり理解できます。
2級 商業簿記

【簿記2級】リース取引を理解する3つのポイント+特殊な引当金(返品調整引当金・売上割戻引当金) 

今回から本格的に簿記2級の新試験範囲に突入します。 特にリース取引については以前は1級の範囲でしたので、不安に思う方もいらっしゃる方もいると思いますが、理屈を抑えれば難しい内容ではないです。 このブログ読んでいただけると、リース取引の根幹の理屈が理解できます。基本の理屈が理解できていると応用的な問題にも対応できます。
タイトルとURLをコピーしました