工業簿記

スポンサーリンク
工業簿記(問題)

【簿記2級・工業簿記無料問題!】標準原価計算の確認をしよう (解答編)

問題1 回答(1) (2) 解説(1)生産データの整理 (注)シングルプランなので仕掛品には標準原価カードをもとに「標準」を記入する月初仕掛品:2,000円×50個+(8,000円+4,00...
工業簿記(問題)

【簿記2級・工業簿記無料問題!】標準原価計算の確認をしよう

問題1 以下の資料にもとづき問に答えなさい。 【資料】 1.標準原価カード 2.生産データ 3.当月原価データ 直接材料費:10,033,000円(50,150kg)直接労務費:39,7...
工業簿記(解説)

【簿記2級・工業簿記】製造間接費を制する者が工業簿記を制します!

前回は「直接材料費・直接労務費」についいて解説しました。 今回はいよいよ製造間接費の差異分析です。 ここは簿記2級の最重要項目です。 ここが理解できれば、簿記2級の工業簿記は合格ラインにかなり近づくでしょう!
工業簿記(解説)

【簿記2級】標準原価計算を分かりやすくイッキに解説します!

今まで開設してきた内容は実際に発生した原価をもとに計算する実際原価計算というものでした。 今回は事前に予算を組んだ標準原価計算を解説します。 この標準原価計算は後の「差異分析」つながる重要な内容です。 ...
工業簿記(解説)

【簿記2級】誰でも得点源に出来ます!製造原価報告書・本社工場会計

今まで原価計算で計算してきたことがどのように商業簿記の財務諸表に反映されるのかということについて解説します。 また工場独自に帳簿を持った場合どのように記帳されるかといった内容についても解説します。 今回のポイントは ・財務諸表上「標準原価・実際原価のどちらを軸に考えるのか」 ・工場は支店と同じ
工業簿記(解説)

【簿記2級】これだけ!CVP分析はたった1つの式だけで解けます

今回はCVP分析を解説します。 CVP分析は前回の直接原価計算を前提としていますので、直接原価計算が不安な方はしっかり復習しましょう。 また、CVP分析自体は様々な計算方法がありますが、計算方法はたった、1つの式のみを理解することで、あとはその式の展開のみで解けます。 CVP分析を得点源にしましょう。
工業簿記(問題)

【簿記2級】「工業簿記・総合原価計算」練習問題【解答編】

今回は前回出題した総合原価計算の問題についての解答です。 総合原価計算は2級の工業簿記の中でもよく出される範囲です。 様々な出題パターンになれましょう。
工業簿記(問題)

【簿記2級】「工業簿記・総合原価計算」練習問題【無料!】

いままで、様々な総合原価計算について解説してきした。 今回は総合原価計算の問題について練習しましょう。 総合原価計算は2級の工業簿記の中でもよく出される範囲です。 様々な出題パターンになれましょう。
工業簿記(解説)

【簿記2級・工業簿記】配賦方法がポイント!組別総合原価計算

今回は組別原価計算の解説をします。 組別原価計算を学習する際のポイントは当月投入費用の配賦方法をしっかり確認することです。 当月投入費用の配賦方法を間違ってしますと、正解には絶対にたどり着けません。気を付けましょう。
工業簿記(解説)

【簿記2級】計算が2つになっただけ!?工程別原価計算

前回、総合原価計算の解説をしました。 総合原価計算は1つの作業工程で完了するものでした。 では、この作業工程が複数にわたる場合はどのようになるのでしょうか? 今回はこのような疑問に答える「工程別原価計算」を解説します。
工業簿記(解説)

【簿記2級・工業簿記】失敗しないための総合原価計算の解き方!

今回から、工業簿記の中心的な総合原価計算を解説します。 理解のポイントは「材料費と加工費の区別」「計算方法の平均法と先入先出法」です。 計算自体は部門別のようにややこしいわけではありませんが、計算の流れが重要です。 簿記2級の工業簿記では頻出の範囲ですので、しっかり理解しましょう。
工業簿記(解説)

【工業簿記】部門別計算の計算方法を練習しよう!電卓の使い方も解説

前回は部門別計算の概要について計算しました。 今回は具体的にどのように計算するのか見ていきましょう。 部門別計算は特に計算量が多いのでどのように効率よく計算するのかがポイントです。 具体的には電卓の【×】【×】を使うのがおススメです。 今回のポイント ・部門別解散の計算方法 ・製造指示書への配賦 ・差異の処理
工業簿記(解説)

【計算力がモノをいう!?】(簿記2級)工業簿記・部門別計算

れまで材料費の計算をしてきました。今回からは次の工程の部門別計算を解説していきます。 ポイント ・計算の流れをしっかり把握する ・部門個別費と部門共通費との区別 ・補助部門費の計算方法をしっかり確認する 今回のブログを最後まで読んでいただけると後の製品別計算に続く部門別計算をしっかり理解できます。
工業簿記(解説)

【苦手を克服しろ!】費目別計算を総復習(労務費・経費・まとめ)

今回の解説する内容は以下の通りです。 「労務費の続き」 「経費の処理の仕方」 「費目別計算のまとめ」 費目別計算は次の部門別計算、製品別計算の基礎になる計算です。 ここが理解できていないと次につながりません。 そのために今回はあらためて費目別計算のまとめを作りました。 今回でしっかり理解しましょう。
工業簿記(解説)

【初心者向け】労務費計算がスッキリわかる3つのポイント!

今回は工業簿記前半のヤマである労務費計算を行います。 特に初心者の方は労務費計算で「労務費計算はどの工員がどの作業を行っているのかがややこしい…」 「どの数字使うのか悩む…」 労務費計算のポイントは3つです。 ①直接工は直接作業と間接作業がある ②間接工は間接作業のみ ③消費賃率を使用するのは直接工のみ
工業簿記(解説)

材料費とは?材料の分類・勘定記入・仕訳(簿記2級無料解説)

材料費とは 材料費とは製品を製造するために使われる物品の消費額を材料費といいます。 材料費の分類 商業簿記上の分類(形態別分類) ・主要材料費…製品本体を構成する材料(例:車に...
工業簿記(解説)

(簿記2級独学解説)すべてのビジネスマンに理解してほしい工業簿記

工業簿記とは? 商業簿記は商品を仕入れ、そのまま販売するといったビジネスモデルを想定した簿記です。 一方、工業簿記については材料を仕入れ、材料を加工し、製品を完成させ、完成品を販売するといったビジネスモデルを想定した簿...
タイトルとURLをコピーしました